一つ一つの行動に工夫を | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2017年 10月 6日 一つ一つの行動に工夫を

こんにちは東進ハイスクールの小熊です。

受験生のみなさん、最近はどんなことをよく考えますでしょうか?

「とりあえず英語やらないといけない」、「世界史まだ全然おぼえられてない」

「国語に全然時間を使えてない」など勉強に対する焦りを感じている人が多いのでは

ないでしょうか?

 

もちろんこの時期はみなさん焦ってしまうのは仕方ないとは思いますし、それくらいに

受かりたい気持ちがあるからこその焦りかもしれません。

ただそのような時こそ、何も考えずに作業的に勉強をやっていませんか?

もしそうなっている場合は危険です!!

 

最大限に成績を伸ばしたい場合には一つ一つの勉強に工夫を入れることが大事です!

例えば、なぜ英語の長文を毎日よんでいるのか?それは人によっては早く読めるようになりたいからであったり、

正確に読めるようになりたいからであったり違うと思います。

早く読めるようになりたい人の場合は制限時間や各問題の時間配分をとくに意識して読むと思います。

逆に正確に読めるようになりたい人の場合は時間を気にせず内容がきちんと理解できているかどうかを意識して読むと思います。

 

このように一つ一つの勉強にはやる目的があって、それを考えれば勉強のやり方に工夫が生まれてきます。

このように焦って考えるのを辞めてしまいがちな今だからこそこのような事を意識してみてください!!

 

 

過去の記事