夢について考える | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2017年 9月 14日 夢について考える

こんにちは!担任助手の野口です。

サイエンスセミナートップリーダーと学ぶワークショップ等のイベントが間もなく開催されるにあたって、私の考えを少し述べたいと思います。

 

私は、今月上旬にニューヨークに1週間ほど行きました。

そして現地でコロンビア大学の学生と話す機会があったので将来の夢は何か?」という漠然とした質問をしてみました。

正直、まだ夢が決まっていなかったり、なんとなくしか考えられていない状態だろうという想定でした。

しかし、何人かにインタビューしましたが、全員詰まることなくスラスラと自分の夢について教えてくれました。

とても同じ大学生とは思えないくらい凄かったです。

 

日本の大学生に同じ質問をしたら、どのくらいの確率で明確な返答が返ってくるでしょうか?

海外では大学に行く前にを持っているのは当たり前なのに、多くの日本の高校生たちはとりあえず大学に行けばよいと思っている。

そんな気持ちで大学に行って、何を得られるのでしょうか?

 

確かに夢を定めることは容易なことではありません。

だからこそ、より多くの経験をして、見識を深め、視野を広げることを怠っていては、ずっと夢は決まらないままです。

 

皆さんには是非サイエンスセミナーやトップリーダーと学ぶワークショップという機会を通して、少しでも自分の夢について、そして自分自身について考える時間を取ってほしいと感じます。

 

 

過去の記事