模試と数値的目標 | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2017年 6月 25日 模試と数値的目標

こんにちは!池袋校担任助手の久米です。

本日は、2ヶ月に一度のセンター試験本番レベル模試でした!受験された皆さん、自己採点は済ませましたか?

自己採点はセンター試験本番で、とても大切になってきます。自己採点と本当の点数が余りに大きく違っていたら大変です!今のうちから自己採点をする習慣を付けて、本番でミスの無いようにしましょう!!

 

 

ところで、皆さんは何故東進の模試が2ヶ月に一度行われているか、ご存知ですか?

そもそも、何故模試を受験しなければならないのでしょうか。

模試とはその名のとおり、本番の試験を模した試験のことです。

本番と同じ形式の試験を受けることで型に慣れ、時間短縮、緊張緩和などにつながります。もちろん、これも大切なことですが、同時に、模試を受けることで

同じ形式の試験を定期的に何度も受けることで勉強に対する成長実感を得ることにつながり、

客観的な数値で自分の学力を測り、合格までの道のりを立て易くなります。

 

学校で意味も言われずひたすら受け続ける模試。授業が無いのはいいけど如何せん面倒くさい、帰るのが晩くなる・・・。と思っていた皆さん、

模試って案外大切だって、おわかりいただけましたか?