年度が切り替わるにあたり | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2018年 3月 30日 年度が切り替わるにあたり

こんにちは、担任助手の大川です。

最近は花粉による鼻づまりでなかなか寝付けず、苦しんでおります。

花粉を除けば、春という季節は最高なんですが…。

 

 

さて、明後日で年度が切り替わってしまうわけですが、

みなさんやり残したことはありませんか?

 

明後日から、中学3年生の人は高校1年生に、高校2年生は3年生に。

学年が切り替わると”視座”も変わってきます。

(視覚には3つあり、視点、視野、視座です。区別がつかない人は調べてみてください。)

 

これまで後輩のいなかった人は、後輩のためにも動かなければならなくなります。

先輩がいなくなり最上級生になる人は、見なければならなくなる範囲も広くなります。

 

学年が変わると視座が変わるように、受験を経験した者とそうでない者の間にも大きな経験の差があります。

朝から勉強しろと言われても、「まだいいや…。明日からやろう。」というように

何かとサボる理由を見つけては先延ばしにしてはいませんか?

 

高校生のうちは「今やらなくてもなんとかなる。」と考えるかもしれません。

しかし、受験を終えた人たちはみな口をそろえてこう言います。

「あの時もっとやっていれば…。」

 

 

みなさんに持ってほしいのは、高い視座です。

 

受験を終えた自分が今の自分を振り返った時に、

「文句ないくらい努力したな。」「今の自分があるのはあの時の自分のおかげだ。」

と胸を張って言えるのか。

 

自分の感情に支配された人生ではなく、自分の感情を支配した人生を送ってください。

そうすればきっと、多くの物事は上手くいきます。

 

「感情に支配されているな…。」

「自分一人ではうまくいかないな…。」

そんな悩みを抱えている方はぜひ校舎にお越しください。

 

お問い合わせは、下のバナーまたは、東進ハイスクール池袋校(0120-104-062)まで!

当日直接ご来校いただくことも可能です!