なぜ解けないのか?? | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2019年 10月 4日 なぜ解けないのか??

 

 

こんにちは!担任助手1年の福岡由莉香です。

 

なんと2ヶ月ぶりにブログを書きます!

 

10月なのにまだ余裕で半袖着れちゃうくらい暖かいですね〜!

これは温暖化の影響?とか考えてしまいますね。

 

 

 

さて本題ですがみなさん問題を解くとき、

作問者の意図を考えていますか?

 

恐らく考えたことないと思いますがその大切さについて話します!

 

 

 

 

語句のみを答える問題などを除いてできない問題を分析してみると、

解けなかった理由は

 

 

 

「ただ単に作問者の意図を理解していなかったから」

ということがあります。

 

 

 

例えば英語では、

日本語訳無しの並び替え問題だと、一見どこと繋げればいいか分からない前置詞on

countと繋げてcount on〜「〜を当てにする」だと気づけるか

作問者が確認するためにあるんだ!ということです。

 

数学では、例えば数列の第123項などを答えさせる問題だと

まさか地道に数え上げさせようとはしてませんね?

作問者は、何かしらの計算方法でその答えに辿り着いて欲しがっています。

 

 

 

 

何が言いたいのかと言うと

 

 

 

 

作問者の意図を考える癖をつけると

求められていることを考えるようになり、

 

 

 

 

正解を出すための解法を

導き出しやすくなる

 

 

ということです!

 

 

 

私は英語の長文の内容一致問題の選択肢を選ぶとき、

裏をかきすぎて時間を浪費していました笑

 

しかし「何でこれを答えさせたいのか」を意識し始めたら

早く選択肢を絞れるようになりました!

答えに辿りつけなさそうと思ったら

作問者の意図を考えてみてください、おすすめです!

 

 

明日からまた頑張りましょう!

校舎でお待ちしてます!