みんな!計算演習をやろう! | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2019年 1月 30日 みんな!計算演習をやろう!

こんにちは!

1年目担任助手の幸地です!

今日は数学の高速マスターについてです!
 
数学を受験する人はみんななにかしらの問題集をやってると思います!
突然ですが、その問題集の問題をといてる時にスリルやドキドキ感はありますか??
スリルやドキドキ感というのは、例えば時間に迫られながら問題を解いているかといことです!
 
自分の体験談からの推測ではあるのですが自分で綿密に時間設定しない限り、問題集に上記の感覚はないですよね。
 
しかし現実問題、模試で点数が思うように取れなかった人は口を合わせたように
「時間が足りなかった。時間がなくて焦ってしまい、ミスをしてしまった。計算ミスが多かった。」といいます。
ではどうすればこの部分を対処できるのでしょうか??
 
そこに焦点を当てているのがこの「数学高速マスター」です!
 
数学高速マスターには必ず「制限時間」があります!
つまりいつでもテスト本番と同様の時間的緊張感で問題が解けるのです!
 
さらに、高速マスターのテストでは10問中9問以上正解を2回連続しないと、また最初からやり直しになります!
ここは体験談ですが、本当に本当にきついです!!
お願いだからそろそろ合格であってくれと願いながら問題をといていました、、、笑
 
だからこそ問題に本気で取り組むし、模試と同じように計算ミスもします。
模試と同じようなミスをこんなにも実践的に出来る問題集は他にあるでしょうか??
見たことないです!だからこそ推しています!
 
模試でしかしないはずのミスを何回も何回も自分の勉強で出来るということは、
そこの部分に対して思考することが明らかに多くなります!いいことです!
 
つまり、模試では自分の実力の点数を取れるということです!
理論的ではありますが、最高ではありませんか??
 
在校生はもちろん、新規招待講習生もこの事実を知って演習に励んでほしいです!
  
 
だからこそ生徒のみんなにはやってほしいのです!
伸びるからやって欲しいのです!お願いします!
以上で終わります!ありがとうございました!