共通テスト英語の点数を上げる一番の近道 | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 1月 26日 共通テスト英語の点数を上げる一番の近道

こんにちは!こんばんは!担任助手1年の沖森です!

受験生は入試期間真っ只中ですが、新高2、新高3の方々は勉強頑張れていますか!?

 

そろそろ共通テストの帳票が手元に届いているころだと思います。

なので、模試の復習をするうえで役立つ情報を今日は紹介します!

紹介することは、私が実際に渡辺先生の公開授業に参加して学んだことの一部です。

 

 

英語の点数を上げる一番の近道は

「大問3までの45点分を35分で解ききること」!!

 

 

共通テストの英語は文章量が多いものの、

大問3までは日本語訳にしたら小2でも処理できるレベルだそう。

 

これを知ってからもう一度問題の復習のために解いてみてほしいです。

いままでは量が多いな…とビビッていた共通テスト英語の大問1~3までの内容が実は全然難しくないことに気付くと思います。

 

それに気づけば、いかに速く読むかポイントになってきますね

そこで、渡辺先生が言っていたことは

1.リード文を必ず読む

2.問題文を先に見て特徴のある単語を把握し、スキャニング中心で文章を読む

です!

 

 

問題に対するマインドを変え、攻略法を作ることが自信につながり、いい点数をだす可能性が必ず高まります。

騙されたと思ってこの内容のことを意識して復習してみて!!