大学紹介 【早稲田大学理工学部編】 | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 21日 大学紹介 【早稲田大学理工学部編】

皆さんこんにちは。担任助手2年の江川翔太です。6月も残すところ1週間と少しですね。受験生にとっては夏前の重要な時期です。しっかり勉強時間と量を意識して努力量最大化をしましょう。

さて、今回のブログテーマは大学紹介です。自分は現在、早稲田大学基幹理工学部情報通信学科に在学中ということで、早稲田大学基幹理工学部情報通信学科について、また、早稲田大学の理工学部全体について少しご紹介します。

まずは、早稲田大学理工学部についてです。早稲田大学の理工学部は基本的に西早稲田キャンパスに設置されています。雰囲気は本キャンと呼ばれる早稲田キャンパスとは大きく違い、白塗りの建物が連立していて、まるで研究所のような雰囲気です。自分の意見として、早稲田大学理工学部の魅力はいろいろな人と出会い、ともに学ぶことができる点だと思います。キャンパスには日本各地から来た学生がたくさんいます。また、一般試験で入学した人もいれば高校でトップレベルの成績をとり続けて推薦で入学した人もいます。つまり自分とは全く違う生き方をしてきた人や全く違う考え方を持つ人と多く巡り合えるのです!!勉強に熱心な人もいれば、遊びと勉強をうまく両立している人、サークル活動に熱を注ぎ常に忙しそうな人、自分の周りにもいろいろな大学生活の送り方が見受けられます。そういった人たちから多くの刺激や新しい視点と気づきを得ることができるのが大きな魅力の一つだと思います!!

さて、話は打って変わって基幹理工学部情報通信学科について少しお話しします。みなさんは情報通信学科と聞いてどのような勉強をしているというイメージを持ちますか?情報系だからプログラミングかな?と考える方が多いと思いますが、実は今、プログラミングの授業は一つしかないんです。じゃあそれ以外は何を勉強しているの?という疑問が湧いてくると思います。実は2年生のメインは情報技術に関わる数学的理論の授業の方が圧倒的に多いんです。かなり複雑な内容のものもあって大変ですが、将来のことを考えた時、ただプログラミングが読み書きできる人ではなく、技術の本質の理論も理解できる人間に成長するのは非常に大事なことだと自分は考えていますし、このような学びを得られる早稲田大学に入学してよかったと思っています!!

以上で早稲田大学の理工学部の紹介について終わりにしたいと思います。

最後に質問ですが、皆さんは何を求めて大学に行きますか??今は明確に答えられる人は少ないかもしれませんが、大学を目指す理由は一度しっかり考えてみてください!!なんとなくではなく、これを求めていくんだ!!という姿勢はきっと受験生活もその先の大学生活もきっといいものにしてくれるはずです。

 日頃の先取学習で

周りの友達より

一歩リード!

学年トップを目指すなら!皆が頑張る夏休みの前しかない!

始めるなら今!!

お申し込みはこちら

 

 

過去の記事