成長するために妥協しないタイムスケジュールを | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 18日 成長するために妥協しないタイムスケジュールを

こんにちは!!東進ハイスクール池袋校担任助手2年の江川です!!

最近は涼しいと感じる日も多くなってきましたね。体調を崩してしまうと日々の学習に影響が出てしまいます。しっかり体調を整えて、万全の状態で勉強に臨みましょう!!

本日は自分、江川がこの時期のタイムスケジュールについてお話しします!ぜひ参考にしてみてください!ですがその前に今日の問題をどうぞ!

今日の問題!

情報系学部に所属しているのでコンピュータに関係した問題を出題したいと思います。

コンピュータのデータ構造の一つとしてスタック(stack)というものがあります。スタックはデータを格納したり、取り出したりできるものです。スタックはプッシュ(push)とポップ(pop)という二つの操作があります。プッシュは新しいデータをスタックのデータの一番手前に格納する操作で、ポップは一番手前にあるデータを取り出すという操作です。これではわかりにくいと思いますので具体例を出します。例えば1,2,3という3つのデータがこの順番であるとします。ここでプッシュをするとスタックの中身は1になります。もう一度プッシュをするとスタックは2,1になります。さらにもう一度プッシュをするとスタックは3,2,1になります。ここでポップをすると一番手前の(言い換えると一番後に格納された)3が取り出されてスタックの中身は2,1という状況になります。もう一度ポップすると2が取り出されてスタックの中身は1になります。取り出されたデータは3,2,1という順番になりました。スタックはこのようなものになります。

では問題です。

【問題】データの列1,2,3,4,5,6がこの順番であるとします。このデータをプッシュとポップを用いて4,5,3,2,6,1の順番で取り出したいとします。このときどのような順番でプッシュとポップを行えばいいでしょうか??また何回の操作が必要なんでしょうか??

考えてみてください。紙とペンがあるとやりやすいです。

【この時期のタイムスケジュール】江川バージョン

 

1,何を目標にしてタイムスケジュールを組んでいたか

→最低限必要な量は必ず達成し、+αの勉強で常に自分の弱点を克服することを意識していました。

2,実際の自分のタイムスケジュール

平日のスケジュールです

6時 起床
⇒学校にいく準備

7時 家をでる
⇒学校へ行く途中はずっと単語帳をやっていました

8時20分 授業開始
⇒早く到着した時は始まるまで単語帳

12時20分 昼休み
⇒早弁して図書館へ行ってました

15時 学校終わり
⇒速攻で東進へ

15時40分 東進に到着
⇒前日に解いた単元ジャンル別演習の問題の復習からスタート。

17時30分 演習開始
⇒今日の分の単元ジャンル別演習の問題を解き始める

21時45分 
東進閉館、帰宅
⇒帰りも単語帳を進めてました

22時30分 帰宅
⇒夜ご飯、入浴など

23時 化学の問題演習
⇒特に暗記分野をひたすらに解いてました

24時 就寝

3,タイムスケジュールを作るうえで心がけていたこと

→とにかく時間を創る!少しの時間の勉強でも2週間、3週間積み重なると膨大な学習量になります!決して妥協はしないように!!

4,タイムスケジュールを考える重要性

→行き当たりばったりのなんとなくの勉強をしていたら気づかぬうちに量が減っていて、振り返ると「なんか少ない!?」みたいなことを経験したことある人もいるかと思います。人によっては、減っていることに気づかないなんてことも。1日の目標とそこから逆算したスケジュールの決定は必ず行うべきです。

5,今の生徒に向けて

→伝えたいことは山ほどありますが、とにかく妥協しないで努力量を確保してください!!「努力は必ず報われる」という言葉がありますが、これは「努力すれば必ず受かる」ということではないと自分は考えます。では「努力は必ず報われる」とはどういうことかというと、愚直な努力が皆さんの人としての強さや人間性、人格の面での成長をもたらしてくれるということだと自分は考えています。学歴とは一線を画す、この人としての強さはきっと皆さんが将来活躍する上での支えになります。努力で人としての成長を得られるように、自分に厳しく努力量を積み上げていってください。

今日の問題の答え!

【問題】データの列1,2,3,4,5,6がこの順番であるとします。このデータをプッシュとポップを用いて4,5,3,2,6,1の順番で取り出したいとします。このときどのような順番でプッシュとポップを行えばいいでしょうか??

各動作とその時のスタックの状況を書きます。
動作:[スタックの状況]
1. push:[1]
2. push:[2,1]
3. push:[3,2,1]
4. push:[4,3,2,1]
5. pop:[3,2,1] → 4を取り出す
6. push:[5,3,2,1]
7. pop:[3,2,1] → 5を取り出す
8. pop:[2,1] → 3を取り出す
9. pop:[1] → 2を取り出す
10. push:[6,1]
11. pop:[1] → 6を取り出す
12. pop:[] → 1を取り出す

このようにすると4,5,3,2,6,1,というようにデータを取り出せますね。合計12回の操作が必要になります。

 

ー---------------ー-------

 

 

夏休み頑張れなかった君へ。二学期頑張りたい君へ。

明るく元気なスタッフがいる池袋校にぜひお越しください!!!!

お申し込みはこちら