教育学部のイメージは? | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2018年 10月 5日 教育学部のイメージは?

こんにちは!担任助手一年の山崎です。
台風が近づいているのか、すっきりしない天気が続いていますが
皆さんはどのようにお過ごしですか?
私は外に出れない分、読書をしています。今は話題の『コーヒーが冷めないうちに』を読んでます(^v^)

本日は、ほかの担任助手に便乗して大学の話を書いていきたいと思います。
皆さんは”教育学部”ときくとどのような印象を持ちますか?
おそらく多くの人が「学校の先生になる」と考えると思います。
確かにそのイメージも間違いではありません!
ただ、教育学部での学びはそれだけではないことを主張します!!
教育学の分野は多種多様です。
例えば、ルソーやソクラテスなどの思想から教育の目的とは何かを考える
教育哲学

ゆとり教育や、学力格差はどのように生まれたのかを社会の流れから研究する
教育社会学

カウンセリング技術や子供の心理的発達を学ぶ
教育心理学

書くときりがないのですが、とにかくさまざまな分野が存在します。

今回は教育学部についてお話しましたが、これは教育学部に限った話ではありません。
政治経済学部も、法学部も、文学部もきっとそうです。
自分の生きたい大学がどの分野に力を入れているのかを調べてみるのも良いですね!
何か相談があればいつでも受付に声をかけて下さいね(・v・)/
スタッフ一同お待ちしております!!