東(ひがし)の志 | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 8月 26日 東(ひがし)の志

こんにちは、池袋校担任助手1年の東(ひがし)です。


今日は、私の「志」とそれに向けて現在実践していることについて紹介します。


私の志は「人と機械の調和がとれた世界を実現させること」です。現在、AIによって仕事が置き換わるなど、人間vs.機械という構図が存在しています。本来機械は人間が使うものとして発達してきました。それが変わってきていることを実感しています。
それではまず、なぜ機械に興味を持ったのかについてですが、正直に言って覚えていません。小学生のころから、家電に漠然とした興味があり壊れてしまった電子機器を分解するのが好きであった記憶があります。また、工作するのが好きで新聞や段ボール、厚紙などを使ってものづくりをしていました。今考えてみると、そういった機械への興味とものづくりが機械について学ぼうと思うきっかけになったと思います。


現在大学では、数学、物理、化学だけではなく、生物、文系の教養科目など理系科目を中心に幅広く学んでいます。東京工業大学は1年次に、「東工大立志プロジェクト」というものがあります。そこでは、プレゼンターの人が講演をしてその後にディスカッションをするという、東進でいうと「トップリーダーと学ぶワークショップ」のようなことを行います。その授業を通して、理系と文系の分断が進んでいること、それによって様々な問題が起きていることを学びました。また、自分の無知を実感し世界のことをもっと知らないといけないと思うようになりました。機械と人間の調和をとるといっても、現在の状況もつかめていないしどのように調和をとるのかのアイデアもありません。まずは、この問題に関わらず世界のことを知るべきだと思いました。


そこで、今読書することを実践しています。今はインターネットで過剰とも言える大量の情報が手に入り、本に書いてあるほとんどの内容はインターネットのどこかに存在すると思います。しかし、本を読むことによって終始一貫した知識、検索するだけでは触れることがなかった内容に触れることができることを実感しています。本は世界のことを幅広く知るための有効な手段の1つだと思います。


世界には私を含め皆さんもまだまだ知らないことがたくさんあります。知らないことに自分の興味があることがあるかもしれません。ぜひ、自発的に世界について学んでください

 

結果がすぐ出る!東進ハイスクール模試のお申し込みはこちらから↓↓↓まずは体験!!一日入学のお申し込みはこちらから↓↓↓