江川の志 | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 8月 21日 江川の志

 

こんにちは!池袋校担任助手の江川です!

8/22は待ちに待った共通テスト模試ですね!夏休み期間の努力を最大限得点に変えられるようにコンディションをしっかり整えて“全力で”挑みましょう!!

また、復習をしっかり行って次へとつながるように学力を身につけましょう!!

 

今日は自分、江川の志についてお話しさせていただきます!東進ハイスクールにおいては志指導として、現在開催中の大学学部研究会や、トップリーダーと学ぶワークショップ志作文コンクール、など様々な学びの場を提供しています。自分も現役生時代には志指導を受けたことでいろいろな分野について知ることができ、また将来どのように活躍していきたいのか、どのように社会に貢献していきたいのかを深く考えることができました。

 

さて自分江川の志ですが、端的に言うと「社会が便利になるきっかけを作る」というものです。具体的には情報工学や通信工学を学び、様々な分野に応用されうる根幹的な技術を開発することです。例えばAIVR技術5Gのような通信技術がこれにあたります。これらの技術は様々な電子機器やその内部のシステムに組み込まれており、それらの性能の限界が情報・通信技術の性能に左右されることもあります。つまり情報技術や通信技術が進歩した時、今まで不可能であったことを実現でき、大きく進歩することができる可能性があるということです。情報・通信技術の発展によってさまざまなことが可能になると、それが医療や教育、経済にも応用されることでその分野の新たな進歩につながることになります。自分が情報・通信技術に惹かれた理由は、不可能であった技術を実現できる可能性があり、そしてそれを通して間接的に多くの分野の発展に寄与することができるからです。現在、自分は早稲田大学の基幹理工学部で情報工学、通信工学の初歩を学んでいます。情報・通信技術によって社会貢献できるように精一杯学んでいきたいと考えています。

 

長くなりましたが自分の志についてお話しさせていただきました。自分の考えですが、“志”は「志望校を“全力で”目指すための“核”」であると考えています。「偏差値的にこの大学のこの学部かな」と志望校を決めた受験生と「この学問を学びたいからこの大学のこの学部に行きたい!」と志望校をきめた受験生ではどちらが“本気で”受験勉強に向き合うことができると思いますか。志は、“本気で”努力するうえで非常に大切です。今一度、自分の志について考えてみてください!!

 

 

結果がすぐ出る!東進ハイスクール模試のお申し込みはこちらから↓↓↓まずは体験!!一日入学のお申し込みはこちらから↓↓↓

あの河合先生が池袋校に!!8月21日開催の中学生対象公開授業のお申し込みはこちらから↓↓↓