藤井の志 | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 8月 7日 藤井の志

こんにちは!担任助手の藤井です!

今月のブログは「志」ですね!!

今日は私の志についてお話しします!

 

私の志は簡単に言ってしまえば教育の機会均等です!それを今回は皆さんの身近な話題である大学受験から説明していきます。

 

今このブログを読んでいる方、みなさん都心に住んでいる方だと思います。

実はそれって受験においても物凄いアドバンテージなんですよね。

(東京にずっと居るとあまり分からないかもしれませんが…)

今の地域格差って結構深刻です。

まず地方在住の学生には学校の選択肢が少ないので、真面目で成績優秀であったとしても、授業崩壊が起こっているような学校に通わなくてはいけないことがあったりします。

学校で十分な勉強ができないから予備校で勉強しよう!となったとしても…

やはり塾や予備校の選択肢も少ないです。

そして入試の時期になっても、長距離移動をしたりホテルに泊まりこむ必要が出てくる場合があります。

上にあげたような例から派生して、得られる情報の格差もありますね。

受験において情報不足は深刻なのに…

 

私は、映像授業がこの問題のひとつの解決手段だと思っています。そしてコロナ禍で、映像授業は他にも沢山の可能性を秘めていることがわかってきました!

私はそんな映像授業を活用して色々な問題を解決していきたいと思っています。

実は、映像授業のあり方について学べることも、担任助手をしている理由の1つです。

 

さて、このように堂々と志を書いていますが、自分がこういったことについて深く考え始めたのは受験の直前、なんと高3の冬でした。

受験勉強をする上での阻害要因について考えていたとき、「あれ、受験ってすごい不平等では?」「自分ってすごい有利なのでは…」と気付いたのがきっかけです。

 

そこから教育分野にいろいろ関心を持ち、志望学部を変えることにしました。学科の講義を聞いたりグループワークをすると楽しいです。同じ分野に興味を持つ同級生と話すのも刺激になったので、変えて正解だったと思っています。

 

ただ、直前に志望分野が変わったことで苦労したことも沢山あります。

私は低学年の時期から東進ハイスクールに入学していたので、そういったことを考える期間は沢山あったはずなのに…

なので、皆さんには常日頃から自分の将来や気になることについて深く考えて欲しいと思っています!

 

最後に、今回は受験生の中での地理的な格差について話しましたが、そもそも受験できること自体が既に恵まれています。

 

つまり、東進生のみなさんはある程度恵まれた環境にいるわけです。それを無駄にせず、最大限に活かしてください!!

トップリーダーと学ぶワークショップ大学学部研究会も当たり前の物ではありません。

重なチャンスを無駄にしないようにしましょう!

 

 

結果がすぐ出る!東進ハイスクール模試のお申し込みはこちらから↓↓↓ 8月10日締切!!今なら最大2講座無料!!夏期特別特別招待講習のお申し込みはこちらから↓↓↓