長期的な目線をもとう! | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2019年 1月 27日 長期的な目線をもとう!

こんにちは!

1年目担任助手の幸地です!

 

いきなりですが、東進では合格指導面談というのを行なっています!

自分の思っている合格指導面談の位置づけは「合格設計図の細断化」です!

合格設計図は東進に入るときや、継続するときに作る「合格するための勉強計画の1年版」です。

意外とこの予定がずれてしまう人が多いので、それを1ヶ月ごとに確認するのが合格指導面談の役割です!

お分かりいただけたでしょうか?

 

ここで、今日は合格指導面談についてお話したいと思います。

その中から長期的視点いついて話したいと思います。

今日の生徒は日ごろからよく頑張っています。

毎日登校をして、グループミーティング長もやって、部活も忙しくて、かなりハードな高校生をしています。

本当によく頑張っていると思います。

しかし、長期的な視点を持てているとはいえませんでした。

 

話を聞いて、理想的な週間受講コマを見てみると週13コマでした。

本人はとてもビックリしていました。自分は頑張ってきたほうだし遅れている自覚も無かったし、

しかも、担任の先生と話したときは割りと大丈夫だと話したから尚更びっくりしていると。

 

目の前のことに夢中になることもとても大事なことですが、受験において必ず長期的な視点は必要になっていきます。

なぜなら「受験は待ってくれないから」です。

受験までの時間をいかに有効に使っていくかが問題になっていきます。

つまり、受験までに「やりたいこと」より「やらねばならないこと」をやるということです。

その確認をしっかる出来るのが合格指導面談だと思っています。

 

個人的な話ですが、合格指導面談では生徒と最近のことについてじっくり話せる時間にもなります。

この時間がないと生徒の気持ちをわかってあげることが出来ないのでとてもよい時間です。

 

そんなwin-winな時間を合格指導面談は作ることができます!

なので、生徒の皆さんは長期的視点を持つとゆうことを意識して、

合格指導面談を受けてください!

よろしくお願いします!