難関大合格への道 | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2017年 2月 8日 難関大合格への道

みなさんこんにちは、東進の担任助手の堺です。

本日は難関大学合格に向けてポイントをお話します。

勉強は大きくINPUT(暗記)OUTPUT(演習)に分かれます。

そしてINPUTには

①単純暗記(英単語等)と②方法論の暗記(問題の解法)の2種類があります。

OUTPUTでは方法論(問題の解法)が使えるかどうかを確かめ、

間違えた場合それを復習します。

一番大切なのは

OUTPUT(演習)の繰り返す回数です。

多ければ多いほど得点に結びつくでしょう!

では繰り返す回数を多くするには何が重要になるでしょうか?

繰り返す時間をつくるため、

とにかく早くINPUTを終えることです。

進学校では、

高2の内に全範囲履修or塾で習っているという生徒が大半です。

英語、数学なら高2の3月で受験の全範囲修了

4月でセンター90%の得点率が合格者の平均です。

東進では映像による高速学習がこれを可能にしています。

興味がある方はぜひ招待講習にお申込ください。

 

過去の記事