(担任助手1年)上條の志!! | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2020年 6月 4日 (担任助手1年)上條の志!!

 
 
 
私は早稲田大学 社会科学部 社会科学科で、経済学を専攻していきたいと考えています!
 
 理由はいくつかありますが、第一としては経済活動が人間社会に及ぼす影響力の大きさに衝撃を受けたからです。
 
 
 
 
例えば鎌倉時代、武士は、国内の戦に勝利した際に土地を俸給として与えられる「御恩・奉公」という経済シルテムが成立していました。しかしモンゴル軍が日本にやってきて武士が鎮圧したとき、没収する土地がなく幕府は土地付与の代わりに徳政令(=借金帳消し)したため信用を失い、弱体化していきました。私はこのことを知った時、経済システムの大事さにきづきました。
このことは鎌倉時代に限らず、江戸時代や近代もおなじで、経済システムが人間社会に与える影響がはかり知れませんでした。だからこそ自分も経済学について詳しく学習することで、経済システムなど社会を改めて見直したいと考えております。
 
 
 
 
 
第二としては、普段何も考えず使っている“お金”は、実際どのように出回っていて、どういう風にシステム的に機能しているのか知りたいと思ったからです
 
 
 
例えば、貯金のために利用する銀行ですが、そもそも銀行側の運営としては具体的にどう成立しているのか、さらに好景気・不景気それぞれに対してどう対処するのか、“株”は絶えず変動するが、その変動は実際好景気・不景気や企業戦略などでどう影響が出るのか、またそもそも好景気・不景気はどうして起こってくるのか等を、企業目線だけではなくモデル的、社会システム的に大きな視野でとらえていきたいと思って居ります。
 
 
 
 
 
 
 
以上を踏まえてですが、経済学にはミクロ経済学(需要と供給の関係性等)・マクロ経済学(大きな視点で見た経済の世界的関わり)の2つが存在するので、それら2つを詳しく学習していくことで、現在の経済社会システムを改めて見直し、人々が本当に豊かになるような経済の仕組みというものを講義・ゼミで真剣に考えていきたいと思っています!