Why is it so…? | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2019年 2月 23日 Why is it so…?

 

こんにちは、担任助手の天間です。

 

 

ついにスタバでは桜が咲きましたね。

SAKURAFULドーナツ、おススメです。

 

ちなみに本日のブログのタイトル、『Why is it so…?』というのはコール・ポーター作曲の『Night and Day』(邦題:『昼も夜も』)のワンフレーズです。

東京ディズニー○ーのシアターショー、ビッグバンド○ートで演奏されるナンバーの中で1番好きな歌です。

伏せ字が全く意味をなしていませんね、まあ何となく察して下さい。

 

本日は受験生/低学年といった垣根のない話題です。

タイトルの通り、「なぜ、そうなるのか」を考えることについてお話しします。

 

大学進学後、具体的には社会に出てからは「問題解決能力」が強く求められる、と言われていますが、問題解決能力とは何でしょうか。

読んで字の如く、問題を解決する能力ですが、私は物事を有利に進める能力ではないかと思います。

 

そもそも、問題を問題として認識できるか否か、が第1段階で、その次にそれを解決するという段階があります。

 

つまるところ何が言いたいのかといえば、懐疑的な視点を持って欲しいということです。

 

前提/方法/目標

この3要素が常に正しいかどうかチェックしましょう。

 

もちろん、インプットが無ければ判断材料(概念)も無いので、インプットを常に増強し続けることは前提です。

そして、「なぜ○○○なのか」を自分で考えられた時、次は「どうしたら□□□できるのか」を考えてみて下さい。

 

結局、雑談のボリュームが大きくなってしまいましたが実践してみて下さい。