ブログ | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 - Part 6

ブログ 2021年10月の記事一覧

2021年 10月 5日 現役生の心得

こんにちは。本日は澤田が担当します。

今回のテーマは「わたしだから伝えられること」ということで、「浪人」についてお話しようと思います。毎年受験の日が近づくにつれて受験校と自分の実力差に自信を無くし、浪人も考えたいと言い出す人がいます。そんな人に経験者として言いたいことがいくつかあるので、この機会を使って伝えさせてください。

 
 ①まずは目の前の入試に全力で挑もう。
今からが現役生の一番伸びる時期です。もっとも点数が伸びる勉強を試行錯誤して取り組んでください。ただ量をこなすだけではいくら時間があっても、浪人したところである程度までしか伸びません。ただし、勉強時間は減らしてはいけません。使える勉強時間を最大限効率よく使ってくださいということです。この現役の時間さえがんばることができない人は、浪人したところで時間の無駄になってしまうでしょう
 
 ②浪人をあまくみるな
浪人生は学校に通うことができません。次で絶対に現役の結果を超えなければというプレッシャーと隣合わせです。わたしは現役時代ほぼノンストップで勉強していた自負がありましたが、さすがに浪人時代は疲れを感じることが多々ありました。特にもう絶対に失敗できないというプレッシャーが試験が近づくにつれて高まり、歯磨きしているだけでも吐き気をもよおすほどでした。結局わたしは緊張のあまり、共通テスト(当時のセンター試験)英語で普段より30点以上低い138点を取ってしまいました。もちろん、浪人で成功している方もいまが、覚悟が必要なことで、安易な気持ちで取ってはいけない選択肢です。 
 
 ③大学で浪人は普通のこと
大学入学当初、わたしは周りより一年遅れてしまったことに劣等感を抱いていました。しかし、実際に大学生活をする中で、たくさんの浪人経験者に出会いましたし、一個上だからといって距離をとられることもなく、気にしてる人はいないということがわかりました。受験という舞台でも浪人、現役は関係ありません。現役生は勉強時間で圧勝されている浪人生相手に勝たなければなりません。今すぐ過去問を分析して、自分が勉強しなければならない箇所を確認し、直ちに埋めてください。
 
 受験という経験は今後の自分の人生に大きな影響を与える財産になります。折角の機会ですから、最大限成長してください。浪人という経験も確かに大きな成長に繋がりますが、どうせなら一年早く社会人になって、様々な経験を積んでいくほうが成長に繫がる気がします。皆さん、後悔のない受験生活を送ってください!

 

 

 

 

2021年 10月 4日 大迫が生徒の頃、頂いた言葉

お久しぶりです。
10月に入ったということで、

共通テストまで残り14週間
フルで勉強できる日曜日は14回しか来ないです。てときに、全員昨日の1日を振り返ってください。同じことをあと14回繰り返しますか?それとも、改善するべきところがありますか?

今日は大迫が受験生の頃、
担任の先生から言われた言葉の中で印象的だったものを送ります。
今の受験生、新学年の子達にも知っていて欲しいなと思ったので是非読んでみてください!



(下)ここから
毎年見ていて受験で受かる人、落ちる人の特徴の話、少し厳しい話かも。

1、体調が良く悪いという人は受からない
落ちる人はすぐに体調を崩します。本当に体が弱い人は仕方ないのでそれはいいのだけど、そうでない人の中で基本生活が良くないとか、急に勉強を詰め込んでやっちゃうとか、いろんなことがあるのでしょうが、体調が悪いと休みがち。受かる人は体調を崩さない。少しくらいのしんどさならそこを言い訳にせずにやるというのもあるでしょう。

2、休憩にメリハリがないと受からない
校舎にいる時に良く思いますが、存在感がある人は受かりません。存在感がある人とは受付の前とか、ぐるみ室とかで良く顔を見かける人です。つまりはしょっちゅう休憩をしている、休憩が長い。自分の不安を誰かに聞いてもらいたいのか、誰かと話していたいのかわかりませんがとにかく時間感覚が甘いと言えます。ご飯の時間などもそうです。受かる人は友達関係なく、自分が食べ終わったらすぐに戻ります。小樽人は友達が来るたびに友達に付き合ってダラダラしています。校舎では存在感がない方が受かると思います笑笑

3、質問が多いと受からない
良く考えてからの質問はいいのですが、安易に質問に来る人は受かりません。その良くわからないなというところを深く考えて参考書を調べて良く似た問題やヒントはないかなど試行錯誤する中でこそ実力はアップします。そういう自分の頭で考えるということをあまりしない人は受かりません。特に難関大学はそういう力のある人を求めていますから。

4、コンスタントな学習ができない人は受からない
受験勉強は自分との戦いです。やる気が出ないなんて言い訳して逃げでいて受かるはずもなく、そこは自分の人間としての成長度が大きく影響してきます。受かる人は何があってもやる、受からない人は何かにつけてやらないだけです。やる気は自分の中から湧き出てくるものです。人にあげてもらわないといけないようでは受験も厳しいですし、社会人になってからもっと困ります。どんなにやる気が出ないなと思う時でも最低線をきちんと確保できる人間でいましょう!基本生活も同じです。受かる人はいるいつも同じ時間に校舎にきます。日によってその日の気分次第なんてことはあまりありません。

5、勉強を楽しんでいる方が受かります。
どうせやるなら楽しくやろう。そして勉強は一生続く本当は楽しいもの。受験勉強はつまらない、大学に行くためだけの勉強なんて次元低くいう大人もいるかもしれません。そんな言葉は置いておいて、自分の未来にどう繋がるのか、知的な好奇心を持って楽しくやろう。人間の脳みそは楽しくやる、笑顔でやる、そのことで力を数倍に高めます。やらされる勉強では成果は出ない。ここでつく勉強の習慣、学ぶことを楽しいと思うことは社会人になってからより大きくみなさんの武器になりますから!
単語を覚えるのも、1900も覚えるのか、、むり、きつい、ではなくて将来海外で仕事したいしそんなこと思えばこんな1900なんて初歩も初歩だ!さっさと覚えてアメリカの高校生くらいの語彙力早くつけたい!そう思ってやる方が伸びるに決まってます。高い次元から物事を捉えてやりましょう!大きく伸びるのはこういう思考を持っている子に多いです。

書き出すと止まらず、まだまだ特徴はあるのですが、とりあえず今日は5つ特徴をあげてみました。何か参考になれば。

最後に一言
池袋校に通ってくれているみんなは本当に優秀で大きな可能性を持っている人財です。素晴らしいご両親のもとで才能を伸ばす機会も与えてもらえています。東京という大都市に生まれて大きな夢や目標を持てる環境にいます。本当にそのチャンスを最高の時間にしてほしい。そして望む大学に行って大学に受かることで終わらない、その先に自分が恵まれた環境と才能を持って、それは偶然の部分も多いわけで、どう生きるかを考え、これからの日本や社会や世界のために、世の中のためにどう使っていくかを本気で考えて目標を持って生きる人になってほしいと思います。日本の国も75年前は池袋なんて焼け野原だったわけで、これから75年後またどうなっているかわかりません。日本という国を駅伝に例えたら今の時代を先輩から受け継いで、自分たちの子供や孫の世代に引き継ぐランナーのような役割を自分たちは負っているとも言えます。自分の幸せをしっかりつかむことはもちろん、その先に私たちの社会がより安心して平和に暮らせる社会になるようにしっかりと社会貢献していく、そういう思いを持って大学に行って努力し続けて欲しい。そのように思ってます。
まずは大学受験頑張りましょう!


ここまで

 

最後に大迫からメッセージ


読んでくれた皆さん、時間とってくれてありがとう。
このメッセージを受け、共感する部分、しない部分色々あると思いますが、一つの考え方としてこのような視点もあるんだなってのが伝わればいいなとおもって送りました。

 

大学受験がゴールでは決してないです。そのことを念頭に置き、今の何の為に勉強をし、大学卒業したらどう社会に貢献していくのか。どんな人生を歩むのか。大迫も就活で人生見つめ直してますが、みんなも今一度考えてみてください。

そして、受験勉強は他者との闘いでありますが、最後は自分との闘いです。

細かいところで言えば確認テストの点数、修了判定テストの合否、高速マスターの修了判定テスト、共通テスト模試の結果、二次過去問の点数、そして、志望校の合否

これらの結果は全て自分の今までの行動によって決まります。

結果には原因がある、これは絶対の真理です。今この時期に、未来の結果のためにどれだけ原因づくりを本気でできるか、とこんとんこだわっていろんなことに挑戦し、独立自尊の社会世界に貢献する人財として活躍して欲しいと思ってます。

頑張れ!


大迫

 

2021年 10月 3日 服部からのメッセージ

こんにちは、服部です。

今日は「服部だから伝えられること」をお贈りします!

 

僕だから伝えられることはズバリ…

学びに終わりは無い

ということです!

 

僕は、第一志望だった千葉大学教育学部にAO入試で合格、進学しました。

とはいっても、元からAO入試が本命だったわけではありません。

一般入試への勉強をしていた高3の夏、AO入試の存在を知り軽い気持ちで挑んでみたところ、奇跡的?に合格することができたのです。

合格の条件に、センター試験での得点率も含まれていたので、センター試験の本番まではその対策に励みました。

勉強自体、センターの日を堺に止めても良かったのですが、

僕はその後も勉強を続けることにしました

具体的には、千葉大学教育学部の試験日まで、千葉大学の過去問演習をしていたのです。

なぜそのような道を選んだかといえば、入学後の大学の勉強に置いていかれることがないようにしたい、

むしろ誰より賢い状態で大学の勉強に取り組みたかったのです。

 

受験勉強は、試験日に終了します。

しかしながら、学びという物事への探究に終わりはありません

受験勉強で得られた知識や見識はもちろん、有言実行する強さ、発言に責任を持つ姿勢など、

その後の人生に活かせることが「受験勉強」という青年期の学びには詰まっています!

 

テストで良い点数を取れたとしても、

合格したとしても、

その現状や成果に満足することなく、常に貪欲に次を求めてください!

学びの連続性を感じながら、受験勉強を、実りある人生の足がかりにしてください!

皆さんの頑張りに期待しています!!!

2021年 10月 2日 「受験」という期限付きの挑戦に勝つために

 

 

こんにちは、担任の沖森です!

「自分だから伝えられること」がテーマということで、受験生の時、特に意識していた時間の使い方にちなんで、「期限付きの勉強」について書こうと思います。

 

成績伸び悩んでる人は特に見て欲しいです。

そして見終えた瞬間から行動を変えましょう。

 

大前提として、大学受験は期限付きの戦いです。1月の共通テスト、第一志望の試験、すべて日程決まってます。つまり、そこまでに勉強の成果を出さないと、どんなに努力しても、合格に結びつかないんです。

期限をぼやっと決めてても、結果的に終わってない人は多いと思います。たとえば、受講や修判の修了期限、高マスの完修目標など、、、

決めても達成しないような目標は意味がないのでやめましょう。

 

もっと期限に拘って勉強して下さい!

 

自分の勉強を「いつで結果残す」ために「今何をすべき」なのか。出てきたやるべき事に全て期限をつけ、計画的に勉強しましょう。そして、自分の設けた期限に想いをのせましょう。

そうすれば、一つ一つの勉強に意味が出て、達成していく自分に満足感を覚えるようになります。結果に原因ができ、次の行動計画がより質の高いものになります。

一つの意識が変わるだけで多くの部分が変わります。

また、この期限付きの勉強は本気で間に合わせるために行動し、達成しないと何も意味がないです。簡単なことに思えてしまいますが、けっこう難しいです。なのでこれを読んで、自分に足りないなと思ったなら今から本気で意識と行動を変えましょう!

できなかったら何でできなかったか本気で反省し、自分のできなさ、キャパの小ささに本気で悔しがる。それくらいして初めて結果が付いてきます。

私もこの期限付きの勉強の大切さに気づいてから、驚くほどキャパが増え、効率的に勉強できるようになりました。みなさんも絶対できます!

最後に、

受験は中途半端な努力じゃ受かりません。やるなら本気で、せっかく人生で最後の受験ですし、自分が成長できるようなものにしてほしいです!

 

2021年 10月 1日 考える時間を短くしよう

 

 

こんにちは!

担任助手2年の野口です。

 

突然ですが、「考える」ことってどういうことか考えたことありますか?

こんな問題も分かんないのか、「少しは考えろ!」、「もっと頭使え!」って言われたとしてもどういうことか分からなくないですか?

僕は「考える」ことは「埋める」ことだと解釈しています。

例えば、数学の問題を解くときに「あ、これを求めれば良いんだ」と思って解き始める。

その時、問題という「最初」と答えという「最後」が生まれます。

ただ、それと同時に無いものも出てきます。それが過程という「途中部分」です。

数学では「途中部分」埋めるために、過去に解いた問題やひらめきから「考え」ます。

そして時折、数学の問題では「途中部分」を問う問題が出題されます。それが皆さんの嫌いな証明問題記述問題です。

明らかに「埋めて」ますね。(数学を受験科目として使う人は絶対に逃げてはいけない問題です。立ち向かいましょう。)

 

結局、私が伝えたいことは何かというと、少しでも「考える」時間を短くしよう!です。

「考える」時間が長ければ長いとどうなるか。

先程のような言葉を掛けられても、ピンと来ないがために何回も言われて、イライラして、のような負のスパイラルに陥ってしまうことでしょう。

少しでも短くするには、暗算のような頭をフル回転させることが大切だと私は経験して感じました。(数学を死んでも使わないと決めている方、申し訳ないです。)

暗算は短い時間の中、頭の中で計算するため頭がフル回転します。筆算とは違い左から計算していくのも特徴ですが、これは明らかに「考える」時間を短くします。(実はこのことは本にも書いてありました。)

他にも「考える」時間を短くする方法はいくつも有るかも分かりませんが、一種の方法として暗算を使っていただけたら幸いです。

 

今、目の前の現状や試験問題を「考える」ことが必要だと感じている、もしくは言われているなら最初と最後を定めて、考えてみるのも良いのでは無いでしょうか。

 

 

過去の記事