「核融合で世界を変える」トップリーダーと学ぶワークショップに参加してきました!! | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 17日 「核融合で世界を変える」トップリーダーと学ぶワークショップに参加してきました!!

 
 
こんにちは!
本日、トップリーダーと学ぶワークショップに参加してきた担任助手の阿部です!
 
今回のテーマは核融合エネルギーによる発電!
核融合科学研究所前所長 竹入康彦先生にお話していただきました。
 
 
やはり、科学技術が大好きな阿部にすれば最先端技術の話がとても面白かった!というのはそうなのですが、それよりも先生の気持ちに心打たれました!
「自分が世界のエネルギー問題を変える、いや、変えなくてはならない!」
と、人類の文明の存続に関わるエネルギー問題を核融合という観点から自らの人生をもかけて解決せんとする強く、としてアツい気持ちはまさに「トップリーダー」でした!
 
さらに、竹内先生は核融合の研究が長い旅路であることにも触れ、この研究を完成させるのは次の世代、つまりは僕たちであり、先生が人生かけて研究してきたものを、そして地球の未来も僕らが受け継いでいけ、ともおっしゃっていました。
 
今回のワークショップで、人類と科学技術の進歩は長い旅路で、その先端には今まで受け継いできたものもあり、さらには僕らが解決しなくてはならないものもあり、その先端に僕らが立っているのだと強く実感しました。
 
僕らが今立っていられるのは、今まで人類が積み重ねてきた努力の賜物であり、それを次の世代に受け継いでいくのが僕たちの役目だ。本気でそう思った今回のワークショップでした。
 
 
 
——————————————————————————————————————————————————-
 
 
 
 
続いて、同じく本日のトップリーダーに参加してきた文川です。
 
今回のワークショップでは、エネルギーと環境問題について考えました!
 
経済成長を求める過程でのエネルギー利用増大、環境保全を推進する上での二酸化炭素削減。
自然を支配しようとすることで、地球環境や自然の崩壊をもたらす可能性があります。
 
その中で、我々は、科学技術と自然を共生した持続可能な社会を構築できるのだろうか?
このことを念頭に置いた上で、2050年カーボンニュートラル実現へ向けた方策を考えました。
 
難しい問題でしたが、生徒一人一人、一生懸命考えていました。
 
最後に竹入先生が、「答えのない問いだからこそ、答えを求めて努力し続けることこそ人類の使命」と仰っていました。
本当にその通りだと思います。
 
 
 
 
今回聞いた話、そこから受けた刺激、感じた思いを今後の受験生活・人生に生かしてほしいと思います。