【必読!】池袋校で、岡田が誇るトップランナー!!!!!! | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 5日 【必読!】池袋校で、岡田が誇るトップランナー!!!!!!

 

 

こんにちは!担任助手の岡田侑です!

10月に入ったにもかかわらず、一向に気温が下がってくれないことに嫌気がさしている今日この頃です、、、

 

昨日の阿部君のブログは、全東進生が一度読んで頂きたいブログです。

阿部君の経験から学べることは多いはずです!

 

今日の問題!

満州鉄道のレールの幅は何mmか答えよ。

(早稲田大学社会科学部日本史より)

【私の生徒自慢!!】岡田バージョン

今回のテーマは生徒自慢です。

当然、私の生徒は全員自慢できるのですが、今回は2人だけ抜粋させていただきます!

◎受験生部門

1.イニシャル

→M.Tさん

2.志望校

明青立法中文系

学部→国際系学部

 

3.自慢できるところ

→彼女の自慢できるところはなんといっても圧倒的なです!

彼女は高3の7月に入学したにもかかわらず、たったの2か月で受講120コマ共通テスト10年二次過去問10年分をやりきってくれました。

今も、単元ジャンル演習をひたすら積み上げて、苦手を着実に潰していっています。

圧倒的な量を積み上げることができると、今度は質を追い求めることが出来ます。

量を積み上げられるからこそ、次はどうやって効率よくやれるか、という段階に行けると思います。

努力量は正義です。

彼女にはこの先も量も質も追い求めていってほしいです。

是非、みなさんも彼女のように圧倒的な努力を積み上げてほしいとおもいます!

 

◎低学年部門

4.イニシャル

→I.U

 

5.自慢できるところ

→ 彼女はこの夏に入学した生徒ですが、なんと2カ月で高速基礎マスターを4冠全受講修了してしまいました!

彼女の素晴らしい所は、なんといっても短期間で、決めた予定を必ずやりきるところです。

また、自分の中で天井を決めることなく、どこまででも努力を積み上げられるところが本当に素晴らしい所です。

そんな彼女は、今や志望校も確定し、一つ上の学年に進級して、また猛烈に努力し始めています。

さらに、高速基礎マスターをしっかりとやり切ってくれたおかげで、模試の成績にも表れてきています!

基礎固めは正義ですね!

自分の現状に満足することなく、さらなる努力を積み上げてくれる彼女は、本当に僕の自慢の生徒です!

 

 

 

今日の問題の答え!

答えは1435mmです。

正直、この問題は悪問です。

こんな問題に出会ってしまったら、すぐに諦めて、次の問題に行きましょう。

ただ、こんな悪問にも作成者の意図は感じられます。

早稲田大学の創設者大隈重信は鉄道の幅を1067mmで導入したことを後悔していた、という話があります。

ここから満州鉄道の幅はいくつかと調べれば、国際標準規格の1435mmに設定されていると気付けます。

一応、早稲田大学で出される理由はあるということですね。

みなさんもこのレベルまでとは言いませんが、志望校の過去問を徹底的に解いて、徹底的に分析してみて欲しいです!

 

今回のブログはここまでです!

明日は、くんがブログを投稿してくれます!

お楽しみに!

 

 

夏休み頑張れなかった君へ。二学期頑張りたい君へ。

明るく元気なスタッフがいる池袋校にぜひお越しください!!!!

お申し込みはこちら