【東進生時代の思い出 ~加藤編~】 | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 21日 【東進生時代の思い出 ~加藤編~】

こんにちは、担任の加藤です。
今日は、「東進生時代の思い出」というテーマで、
ブログを書かせていただきます!

1.辛かった思い出
8月の第3回共通テスト本番レベル模試で、
合計点が下がったこと。
もともと2次試験より共通テストの方が苦手だったので、
克服しようと夏に努力したのに、
結果として現れなかったことがショックでした。
担任の堂下さんに
「まだ伸びる、しかも、
皓君は圧倒的な2次力があるから大丈夫」
と励ましていただいて、
なんとか立ち直ることができました。

2.楽しかった思い出
去年まで担任助手をやっていた、
西山君と山本航大君と、
閉館後におしゃべりしたこと。
短時間ではありましたが、
毎日この時間を楽しみに勉強していました!
共通テスト後はこの3人で毎日、
自習室Bで切磋琢磨し合いながら勉強しました。
この仲間がいなければ、
直前期は乗り越えられなかったと思います。

3.自分の中でやり切ったと言えること
志望校対策の徹底です。
過去問を20年(世界史は30年)解き、
志望校の頻出範囲は
どの受験生にも負けないと言えるくらいの
演習量を積むことができたこと。
誰よりも志望校対策をやっという自信があったから、
臆することなく試験に臨むことができました。

4.自分が助手からもらった素敵な言葉
担任助手は昨年まで池袋校にいらっしゃった、
服部さんでした。
一橋の試験前日に、皓なら絶対大丈夫だよ、
と言ってもらえたこと。
この言葉がとても支えになりました。
前日に限らず、
一年間精神的に支えてくださった服部さんの為に、
絶対に合格して恩返しをしよう、
と帰りに決心したのを覚えています。

いかがでしたか。
東進生の皆さんは今日、
模試があったと思います。
私も受験生時代、夏の模試で受験生活上一番の挫折をしました。
ただ、そんな中でも、
腐らずにひたむきに努力し続けた結果、
第一志望校に合格することができたと思います。

悔しい結果に終わってしまった人は、
しっかりと復習、分析をして、
次のステップに向かっていきましょう。


落ち込んで行動を止めてはいけません。
ここで腐ってはダメです。
人間的に大きく成長する機会です。
応援しています。


頑張れ、東進生!

 

夏休みは受験の天王山!!

夏休みで第一志望校への原因づくりをしましょう!!

 

明るく元気なスタッフがいる池袋校にぜひお越しください!!!!

お申し込みはこちら