この時期に過去問を解く意義! | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2020年 8月 9日 この時期に過去問を解く意義!

みなさんこんにちは!
 
担任助手一年の松丸です!
 
今日は私の方から過去問の意義・ペース感について話していきたいと思います!
 
みなさんはこの時期から過去問を解く目的意識を持って取り組んでいますか?
 
ずばりその意義は、①自分と志望校との差を把握しそのギャップを埋めるため②9月から始まる志望校別単元ジャンル演習に向けての大きく分けて2つあります!
 
ではまずは①から見ていきましょう!
 
過去問を解くことは合格点をとるということも大切ですが、一番は出た問題に対してどう残りの期間でアプローチをし苦手分野を潰していくかということが大切です。
 
そのためには分析ノートを作ることをオススメします。
 
言語化、可視化することで整理しやすくなり何をやらなければいけないかを把握しやすくなります!
 
そして一番のメリットは入試の直前に振り返ることで効率よく復習をすることができ、苦手分野を克服してきた!という自信をつけ精神的に優位な状態で本番に臨めるということです!
 
そんな分析ノートを毎回の過去問を解いた後に記入して合格を掴み取りましょう!
 
次に②を見ていきましょう!
 
9月から第一志望校合格のために志望校別単元ジャンル演習というものが始まります!
 
これは、第一志望校合格のために自分に足りない分野、苦手分野にたくさん取り組んで克服し合格を掴みましょう!と言ったものです!
 
なぜこれのために今過去問を解かなければならないかというと、過去問の結果をもとにあなたの苦手分野をAIが分析してあなたにとって最適な問題を提供するからです!
 
あなたの苦手分野を正しく分析するにはより多くのデータつまり、過去問を多く解いて真の苦手分野を発見する必要があります!
 
早く解くメリットしか無いですね!
 
このようなメリットをしっかりと把握しつつ今から過去問を解いていきましょう!
 
明日は
 
上條担任助手の方から早稲田大学について発信があります!
楽しみにしていてください!
 

 

>