はじめまして、担任助手1年の秋田玲利です。 | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 3日 はじめまして、担任助手1年の秋田玲利です。

 

はじめまして、この度東進ハイスクール池袋校にて担任助手を務めることになりました、秋田玲利です。

都立北園高校に通い、高校3年生の4月に東進ハイスクールに入学しました。勉強を始めるタイミングが友達より若干遅れていたため、焦りを感じつつも「しっかり勉強しなきゃ!」という意識を持って勉強を続け、第一志望の東京外国語大学に合格することができました。

受験期は1年間、人によってはもっと長い期間、常にがんばらなければいけないため、体力的にも精神的にもかなりしんどくなります。つらくなったり、どうすればいいのかわからなくなったりすると思います。でもそんな時にこそ、我々東進ハイスクールの担任や担任助手を頼ってください。勉強や志に関するアドバイスはもちろん、生徒に寄り添うこともまた、僕たちの仕事です。東進ハイスクールで成長し、受験を制し、これからの人生で輝いていけるよう、共にがんばりましょう。

さて、今月のブログのテーマは「志」です。みなさんは今現在、「志」を持っているでしょうか。医師免許を取得して国境なき医師団で活動したい!とか総理大臣になってこれからの日本の社会をより良くしていきたい!とか、具体的で大きい志を持っているなら、それはそれで素晴らしいと思います。
しかし、みんながみんなそんな「志」を持っているわけではなく、まだ漠然とこういうことがしたい、こういうことに興味がある、といった具合ではないでしょうか。僕はそれに関しては全く問題がないと思っていますが、何が問題かといえばそこで考えるのをやめてしまうことです。
僕自身も、東京外国語大学の国際社会学部の北アメリカ学科に進んだきっかけというのが、従兄弟がアメリカに住んでいる、とか、小さい頃から親の影響でアメリカの大衆文化に触れてきた、とか、洋楽が好き、とかっていう感じで、何か明確にやりたいこととかなりたいものがあったわけではないです。
だからこそ、自分が興味あることを学べて、そこから「志」に繋げていけるような大学を選び、そこに向かって努力することが大切です。今ある興味関心は未来への投資になり得ます。

そこで東進では志作文コンクールを開催します。今明確な「志」がある人はもちろん、まだ漠然とした興味関心しかない人も、この機会にぜひその想いをアウトプットしてみてください。想いを文字で可視化することで、また新たに見えてくる景色もあると思います。我々東進ハイスクールはその想いを実現できるよう、全力でサポートします。

長くなりましたが、「志」が明確でない人も焦る必要はないので、これから色々と考えてみてください。勉強のことに関しても、「志」のことに関しても、不安なことや困ったことがあったらいつでも聞いてください。これから全力で東進生をサポートしていくので、1年間、よろしくお願いします。
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

日頃の先取学習で

周りの友達より

一歩リード!

学年トップを目指そう!

 

春休みで変わる!

始めるなら今!!

お申し込みはこちら