人間、変えられるのは”今”だけ | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 12月 6日 人間、変えられるのは”今”だけ

こんにちは、服部です。

師走に入り、随分と寒くなってきましたね。僕もそろそろマフラー手袋フル装備解禁かなと思っている今日この頃です。

さて本日は昨日に引き続き

「1日を有効活用する工夫」

について服部が書いていきます。

 

タイトルにもある通り、僕が思うその工夫は

「今を変えること」

に尽きます。今というのは、現在とか今日という日とかそういうものではなく、本当に今のこの一瞬のことです。

勉強しようと思ったらもう今すぐにペンを取り、掃除をしようと思ったら今すぐに箒を手に取るのです。

これは、意外と難しいものです。

なにせ人間、何か物事をしようとしたとき、思ってから行動するまでに約20秒を要すると言われています。

「たったの20秒なら別にいいじゃないか」と思ったそこのあなた。よくありません。

その間にふとした衝動、誘惑があなたを遅います。気付いたときには30分が過ぎ、1時間が過ぎ、しぶしぶ勉強や掃除を始めることになるものです。

つまり、今行動をするということ、今を変えるということは、強く意識しないとできないことなのです。

これを心得て日々のモットーにするだけで、みなさんは1日を有効活用できるようになるでしょう。

やろうと思ったことをすべて出来るし、無駄な時間がなくなっていくからです。

 

さきほど「ふとした衝動、誘惑」という言葉を使いましたが、これについて少し付け加えておきます。

みなさんの友人や知人の中で、初志貫徹し何事にも一生懸命な人が何人かいると思います。そして、その人たちはとてもカッコいいです。

僕の周りにもそのような方々はいますが、みな憧れです。

そんな毎日全力で過ごせる人たちは、きっと「ふとした衝動、誘惑」に強い人たちです。

世の中、長い間高いモチベーションを保ち続けられる人はいないと思っています。ただ努力し続けられる人は、モチベーションややる気が下がった時のリカバリー、復活が速いのです。

なので傍から見れば、ずっとモチベーションを保ち続けているように見えるのです。

その真相も含めて考えると、「今を変える」、言い換えれば即行動できる人こそが強い人、努力を継続し続けられる人です。

このブログの内容も参考にして、皆さんにはぜひそんなたくましい人になってほしいと思います。

 

みなさん、今を変えましょう。

このブログを閉じた後、何をしますか?