全力で! | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 10月 11日 全力で!

 

 

こんにちは。担任助手1年の橋本です。昨日告知しましたが本日のブログから新テーマ、

「学校と受験勉強」になります。まずは橋本からです。

 

私だから皆さんに伝えられることは、

「自分でやると決めたことは全力でやり切ろう」です。

私にとっての自分で決めたことは部活でした。

私はバレーボール部に所属していて、朝練、昼練、放課後の練習がありました。また、部長も務めていました。私はバレーボール部での活動が好きで意欲的に参加をしていましたが、朝練があったりして5時半起きであったりして勉強と両立することが難しいと思ったり、チームをどうまとめるのか悩んで苦しい時期もありました。しかしながら、勉強を通学時間で行ったり、短い時間で集中して質の良い勉強を行うために計画建てをしたりして工夫しながら引退試合まで部活を行ったという経験は、引退した後に受験勉強に集中できるようになってからも、大学に入ってからも大きく生きています。

ただ「経験が自分の中に生きています」と聞いてもピンと来ないかもしれないので具体的にいくつか挙げてみます。

 

 

 

・試合中の緊張するシーン(相手がマッチポイントの時に自分にサーブが回ってきたり)を経験したことにより自分の心を落ち着かせる方法がある程度わかった

 

・練習試合や大会に知らない会場に行った経験は受験時に受験会場に行くのに緊張することの緩和になった

 

・自分は部活に苦しいと思ったことも何度かあったが、それをどうにかして乗り越えられたので受験勉強で苦しいと思ったときに乗り越えられるという自信があり、心を強く保てた

 

・練習を考えることが多かったので勉強の順番を考えるときに段取りをスムーズに考えられた

 

・毎日昼練があった関係で昼食を15分で食べていたのでご飯に割く時間を短くすることができた

 

今回は5つ例を挙げてみましたが、これ以外にもたくさんあります。この5つからわかるように全力で打ち込んだことはどんなことが自分の今後に活きてくるか分かりません。

大切なことは「全力で打ち込み、やり切ること」だと思います。

全力で臨めばその分いろいろなことを考えます.その過程が大切です

このブログで伝えたかったことは

高校でやり切れることを見つけてやり切ってください

ということです

ですので、今打ち込んでいるものがある人は全力でやり切ってください。

しかし

今このブログを読んで高校で何も打ち込んでいないと思った方もいるかもしれません。その人は大学受験に全力で臨みましょう

私は高校で打ち込んだことが受験に役立ったというお話をしましたが、高校において全力で打ち込むものを作ったという経験は絶対に将来に活きてきます。

それを作って自信を持てる人になって欲しいです

 

何事にも全力で臨みましょう

応援しています!