大学で勉強していること! ~加藤編~ | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 19日 大学で勉強していること! ~加藤編~

 

 

今日の問題 ~加藤編~
 
(一橋大学 2021年)
本番、単元ジャンルで同じ問題をやっていたから解けた!という伝説の問題です。
 
テーマ:大学で勉強していること! ~加藤編~
 
こんにちは。担任の加藤です。
 
先日、担任助手の吉田さんが明太子にはまったとブログに書いてましたが、僕は福岡出身で、生粋の博多っ子なので明太子大好きです。
博多明太子には「やまや」と「ふくや」という二大ブランドがあるんですが、僕は「やまや」の明太子が好きですね~。
福岡に行ったら是非食べてみてください!
 
さて、今日は、よく生徒に聞かれるので、「私が大学で学んでいること」を皆さんに紹介します。
 
私には「日本人がより気軽に海外に渡航できる世界を創る」という志があります。
日本は、海に隔てられているという地理的要因もあり、海外に行きづらい環境だな、と感じています。
航空券の予約や各種の手続きは煩雑、英語が難しくてわからない。かといってパッケージツアーにすると割高。
国内旅行に比べて格段にハードルが高いですよね。
でも、私は中学生の時に留学していたこともあり、海外の文化に触れる楽しさを知っています。
当時の感動をより多くの日本人に味わってもらいたい。これが、中学生の時から変わらずに持っている志です。
 
私はそのような世の中を、「企業経営」を通じて創りたいと思っています。
現在の旅行代理店にはできない「海外旅行」に特化した事業を行う会社を設立したい、という思いがあります。
経営者を目指すために、①ビジネスの知識②法律の知識を大学で学んでおく必要があると思い、それを今勉強しています。
 
①ビジネスの知識
事業を展開するためには経営戦略やマーケティング、会計に関する正しい知識を持ち合わせていることが必要だと思い、大学でそれらの勉強をしています。
幸い一橋大学は、他学部の生徒であっても商学部の授業を制限なく履修することができるので、積極的に履修して知識を入れています。
一橋はただアカデミックな知識を入れていくだけではなく、実際のビジネスにおいて知識をどう使うか、というところまで踏み込んで教授が授業をしてくれるので、非常にためになっています。
 
②法律の知識
企業経営には経済活動を規制する法律に対する知識をもち、倫理・コンプライアンスに違反しないような事業を展開しなければなりません。
大きな本屋に行けばビジネス書がずら~っと並んでいますよね。経済や商業に関しては、読書で得られる知識も多いです。
ですが、法律は、読書によって知識をつけていくことは難しいです。教えてもらわないとわからない部分が多いです。
ですから大学で法律学を専攻し、強制的に法律を学ぶ環境に身を置くことで勉強しよう、と考えて法学部に入りました。
今は独占禁止法や会社法、労働法など経済に関わる法律を中心に勉強しています。
非常に難しいですが、逆にこれを社会人に入ってから学ぶのは厳しいな、と感じているので法学部に入ってよかったです。
 
よく生徒に大学大変ですか、辛いですか、と聞かれますが、全く辛くないです。
結局大学に入っても受験勉強の時と同じくらい勉強していますが、自分のやりたいことを叶えるための勉強なので、辛いとは思わないです。
皆さんも今行きたい志望校があると思います。そこならやりたい勉強ができる!と考えて決めたと思います。
 
せっかく大学に行くなら、勉強したいことを勉強したほうがいいですよね?
受験が終わったらどうあがいても結果を変えることはできないので、
今行きたい志望校に合格するために必死に勉強しましょう。僕も精一杯サポートします!
 
今日の問題 答え
 
実験して、群数列になることを見抜けるかどうかがポイントでした。
それが見抜ければ後は典型問題ですね。
数学は実験大事です。実験しまくりましょう。