安易に自分を信じないこと。 | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 10月 7日 安易に自分を信じないこと。

こんにちは!文川です。
 
 
共通テストまで残り100日
 
全国統一高校生テストまで残り1ヶ月
 
今日は、1つの節目の日です。
 
節目の今日、日々勉強に励む皆さんへ。
伝えたいことを書きます。
 
 
 
「安易に自分を信じないこと。」
 
 
何故なのか。
妥協してしまうからです。
 
「自分はこういう人間である。自分のことだからよく分かる。」
そうやって自分で自分を定義する人がいますが、
過去に縛られて勿体ないなと感じます。
 
たしかに今までの自分を分析したらそうかもしれません。
過去にそういう経験があって、今もその習慣が抜けていないかもしれない。
 
しかし、これから自分がどうなるかなんて誰にも分かりません。
あの時自分があの結果になったのは、
全く予想通りだったなんて人はいないでしょう。
これからの自分は今の自分が作ります。
そこに過去の自分なんて関係ないのです。
 
自分はこういう人間だ、こういう性格なんだと思ったり考えたりしてしまうと、
自分の限界が何となく見えてきてしまいます。
 
「多分ここまでしかやれないだろう。」
と消極的になったり、
逆に、
「いやいや自分ならここまで行けるだろう。」
と慢心で思い上がってしまうこともあると思います。
 
 
しかし、どちらも違う。
いくら今まで上手くやって来て、失敗や挫折というものを知らなかろうが、
反対に、今まで何かを成し遂げた経験や自分に自信を持てるような成功体験が無かろうが、
そんなものは昨日までの自分です。
 
安易に自分を決めつけないこと。
簡単に信じないこと。
 
これからの自分が、何を成し遂げるかなんて分かりません。
明日どうなってるか、
受験本番の日どうなってるか、
志望校の合格発表日、どうなるか。
 
そんなものは誰にも分からない、
分かるのは、今、目の前にある現実です。
そしてその現実が、明日や1年後、これからの未来を決めます。
 
 
なら、その現実に賭けるしかないでしょう。
 
今の目の前の出来事や自分自身に対して、
決めつけず、信じず、全力で挑む。
 
自分を信じて良いのは、そうやって最後まで挑み続け、やりきった人だけです。
 
共通テストまで残り100日。
 
100日後、今の自分がどうなっているか。
全力で挑んでください。