慶應義塾大学 受験生の夏の過ごし方!  | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2020年 8月 22日 慶應義塾大学 受験生の夏の過ごし方! 

こんにちは!

今日は、私が慶應義塾大学合格のために、夏休みにどのように過ごしていたかをお話しします。

 

皆さんは、毎日何時間くらい勉強していますか?

毎日、最低11時間は勉強していました。

そして、無駄な時間は、一切作らないようにしていました

ちなみに、適度な休憩はとても大切なので、休憩は必ずとるようにしましょう。

 

今、受験生の皆さんは、昨日や今日の自分の1日を振り返って、無駄な時間は全くなかった言えますか?

夏休みは、まとまって時間をと取れる大切な期間です。

つまり、やっている人とやっていない人の差が大きく出てしまう期間だと思います。

夏休み、自分はやれるだけのことをやり切ったと胸を張っていえるように、一日一日を大切に過ごしましょう。

必ず、やったことの結果が出ると思います。

 

ところで、皆さんは、過去問は順調に解けていますか??

私が、慶應義塾大学に合格できた一番の理由は、過去問を何度も解き徹底して分析し自分の課題点を見つけてそれを克服できるように努力したからです。

 

過去問は、最低でも10年はやるべきだと思います。

10年解くことで、その大学が受験生に何を求めているのか、作問者の意図は何かを、知ることができます

夏休みは、学校もなく、1日の中でまとまった時間を作りやすいと思うので、どんどん解きましょう!!