成績が伸びる人、勉強ができる人の特徴 | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 10月 9日 成績が伸びる人、勉強ができる人の特徴

 
こんにちは、高畠です。
 
今日は皆さんに学年問わず、今、勉強を頑張っている人に読んで欲しい、「成績が伸びる人、勉強ができる人の特徴」について話していきます。
 
今まで担任として働いてきて、いろんなタイプの生徒を見てきましたが成績が伸びる人、勉強ができる人にはある一定の共通点があります。それを皆さんに伝授していくので今成績が伸び悩んでいる人や、勉強を頑張っている人、自分の行動を振り返ってチェックしてみて下さい。
 
 
結論から言ってしまえば、成績が伸びる人、勉強ができる人には2つの特徴があります。
 
 
1.自分の意見、考えを必ず持って先を見据えて勉強している。
自分が行う勉強に対して、特に考えもせず先生がそう言ってたからやれば良いか、と思っている人はいませんか?短期的な勉強、例えば学校の試験勉強等ではそれで良いかもしれませんが、大学受験においてはそうはいきません。
今やっていることが何のためにあるのか、終わった時にどういう状態になってなければいけないのかということを自分で考えていないと、たとえその勉強が終わったとしても、担任が求めているようなレベルには達しておらず、ただこなしただけ、復習はしていない、みたいな状態になりかねません。
質問に関しても、わからなければすぐスタッフに質問しにいっていませんか?それは果たして自分で考えている状態なのでしょうか?
まずは解説を読み込んで疑問点を具体化する。基礎知識が不足しているなら教科書や参考書を使って調べる。それでもダメならネットで調べる。それでもダメなら人に聞く。そのぐらいしなければいけません。
安易に答えを知ることが出来てしまえば、自分で全く考えていないので定着しません。逆にこれだけ自分で調べ、考えた事であれば、正解を知った時に中々忘れることはないでしょう。
このように何事においても、常に自分のやっていることの目的、本質を考え、先を見据えた勉強を心がけましょう。
 
2.自分の勉強に決して満足しない。
自分の今の勉強量や、行動に満足していませんか?毎日校舎に来てるから…とか毎日受講してるから…みたいなのが良い例です。
もちろん、毎日登校すること、受講することは素晴らしい事です。ただそれが目的になってませんか?何のために毎日登校したり、受講を受けたりするのでしょう?
その登校した時間を本当に有効活用出来てますか?友達と喋っていたり外に出ていたりしませんか?受講も受けただけで復習演習しっかり出来ていないという状態になっていませんか?
成功者はここに一切の妥協がないです。周りの目から見ても順調に見えるのに、いや自分の〜な部分がまだ甘いので徹底します!など絶対に反省点を言ってきます。
それは同時に自分の勉強を客観的に見れている、考えられている事の証拠だと思います。それが成功に繋がるのでしょう。永山校舎長がよく仰る「思い込み慢心がある生徒は合格しない」という事がこれに当たります。
 
 
どうでしたか?自分の勉強を振り返ってみて、やばい…こういう風にしてないかも…と思う人もいるかもしれないです。ただそういう人は今からでもすぐに直しましょう。それが受験生でもです。
この二つは今までできていない人でも直せばすぐに結果についてきます。
高校一年生や二年生の人はこの事を常に意識して勉強して下さい。
 
皆さん、常に考えに考えて考え抜いて、勉強していきましょうね!