最後まで希望を捨てないで行動する | 東進ハイスクール池袋校 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2022年 1月 5日 最後まで希望を捨てないで行動する

あけましておめでとうございます!!今年も宜しくお願いします!!

 

いよいよ受験が近づいて来ましたね!

 

私からは「最後まで希望を捨てないで行動すること」について書きます。

 

まず試験中。もう無理だと思っても絶対に最後まで希望を捨てないで手を動かしてみてください。隅々まで読み直したらヒントがあるかもしれません。それでも分からなければ勘で全部埋める、鉛筆を転がすなどとにかく一点でも取れるように行動しましょう。時間の限りもがく。

馬鹿にされがちですが、すごく大事な事です。誇れたことではないですが、鉛筆ころがしであてた問題があります。

そして、逆に全部できた!と思っても必ず見直し(解きなおし)をすること!

 

そして、共通テストが終わった後、手ごたえが悪くても必ず答案再現まで打ち込み、復習をする。嘆く暇はないです。共通テストが終わった後も成績は伸びます!私大入試が始まっても試験ごとに気持ちを切り替えて行動すべきです。

受験生が一番憂鬱になりやすい時期だからこそ、その時期に黙々と勉強できたらチャンスがあると思いませんか・・・?

 

まあ試験中のことは基本だと思います。大事なのは試験が終わった後です。特に合否発表後。縁起でもない話ですが、合格率は100%では無いので書いておきます。

第一志望校に受からなかったから、全落ちしたからといって自暴自棄になるのはやめましょう!

 

補欠合格がまだ残ってます。私は3月28日に補欠合格の連絡をもらったことがありますし、その後に連絡が来た友人もいます。3月31日までは希望を捨てないでください。

 

さて、その時期に繰り上げの連絡が来た人の共通点はなんだったかと考えると、それは合否が全て分かった後も将来を見据え行動し続けていたことだと思います。

 

第一志望校に受からなかったからこそ、もっと勉強しなければとTOEICや資格試験の勉強を始めた人もいれば、WEBサイトの運用を始めた人もいました。また、繰り上がらなかったら浪人すると話し予備校に入学していた友人も、試験が終わった日から勉強を止めたことはないと卒業式で話していたことを覚えています。当たり前のことですが、いざ入試の時期になってみると意外と難しいです。

 

最後までもがく、行動し続ける。この姿勢を強く持ってください。

 

皆さんがこのブログのような事態にならないことを祈ってます。頑張れ東進生!!