漢字文化圏 | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2020年 7月 23日 漢字文化圏

1年担任助手の上條秀真です!
本日は自分のを紹介致します!
 
本日紹介したいのは…
『漢字文化圏』
についてです!
 
そもそも『漢字文化圏』とは何か?
 
それは文字通り、
【漢字を使っている文化・国】
 
のことを指します!
漢字文化圏として、日本・中国・韓国・ベトナムなどが挙げられます。
しかし、国ごとに全然漢字に対する認識が違うんです。
日本→漢字一つ一つには意味がある
(たとえば名前として、『勇太』・『優太』で子供に対する親の願望は全然異なってきますよね。)
また、言葉として平仮名・片仮名・漢字の三種類が用いられており、それぞれに使い分けがなされている
中国→漢字は言葉でしかない。(アルファベットのようなモノ)一つ一つの漢字の意味をあんまり意識することはない漢字の種類として【簡体字】が存在する
韓国・ベトナム→漢字は古い文字。今はハングル文字・ベトナム文字が普及しているため、まれに漢字を使用することがあるが老後世代に多い
 
以上『漢字文化圏』の圏内を見るだけでも漢字に対する意識が全然違うことがわかります。
日本には我々は漢字の意味までしっかり大事にする素晴らしい文化が存在するからこそ!
『独立自尊』『社会世界に貢献』という文言も自分なりに解釈して、東進で頑張ることが大切だと思います