私が伝えたいこと | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 9月 18日 私が伝えたいこと 

 

こんにちは!担任助手の蕪木です!

 

今回のブログのテーマは、

”わたしだから伝えられること”です。

 


突然ですが、みなさん。

現役合格したいですか?
人それぞれ志望校は違っており、また目指す目標値も違います。

 

現時点で目標を達成してる人

または全然届いていない人、あと少しで達成できる人、など人によって現状は様々です。

ただ、どの学校を志望していようと、

一概にいえることとして、

 

現状に満足した途端に第一志望校の合格はない、ということです。

 

 

 

これはいつの時期であれ、

受験本番までの心持であるべき姿であり、

私はこれが受験勉強における真理だと思います。

 

特に現時点である程度過去問の点数が取れている

もしくは判定でAが続いている、など結果である程度出ている人が陥りやすい現象だと思います。

 

判定なんて関係ないです。

過去問や模試で取れた点数なんて、

本番で取れるかは分からない

どこの時点でなんの判定であろうが

最後まで気を抜かずにやり切るか。

これが大切です。

 


私の場合、6月時点で解いた2次過去問で合格基準点を一定程度越してしまった為、

気持ちが緩んでしまうこと正直ありました。

 

ただそこで気持ちを落としていたら

確実に落ちていたと思います。

私はその時に、このままいって受かる保証なんてどこにもないし、

本番で

100%自分の実力を出せるわけがない

どうせなら100%出せなくても

受かるぐらいにならねばいけないと、

気持ちを切り替えました。

 

 

そもそも早慶に合格する人は

東大京大一橋などの上位国立勢がほとんどで、

第一志望にして受かる人は少ない

 

だからこそ早慶に受かるためには、

余裕で受かる実力をつけないといけないのです。

 


そこから、もし明日試験本番で、

結果がついてこなかったら

受験勉強において、どこを後悔するだろうか。

私は、寝る前に、そうシミュレーションしてから寝るようにしてました。

 


現状の勉強に対する姿勢でいいのか内省することが大事です。

そこで改善が生まれないうちは成長もなく、結果もついてこない受験結果になってしまいます。

 

本当にやることから逃げていないか。

自分が見えないふりをしている

弱点はないか、考えてみてください。

 

もちろん、

データに基づかない自分の主観的な基準だけでは、

最終的な合格には

つながりません。

 

客観的に見ても

圧倒的演習量をこなし

自分の最大限やり切った、もうやることがない

となった人こそ受かります

一度しかない大学受験だと思ってやりきる!!

受験本番後悔することないよう

みなさん全力で走り抜けていきましょう。