良い音読とは? | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 2月 4日 良い音読とは?

 

担任助手の二宮です!

 

英語の勉強をする時によく「音読が大事!」という風に言われたりしませんか?

実際音読は英語のリーディングにもリスニングにも効果がある、とっても効率よく英語力がつく勉強法なんです!!

でもやり方を間違えると正直あまり効果はありません。

そこで、今回は私なりのいい音読法をお教えします!!

 

①大きな声を出す

音読する時に声量に気をつけてやっていますか?

ボソボソ…と読んでいては、正しい発音で読めているか自分でも分かりません。

単語一つ一つ聞き取れるように、はっきり声出してやりましょう!人と会話する時くらいの声量がちょうど良いです!

 

②文の区切りを意識する

英文をダラダラと読んでいませんか?読みながら訳せているでしょうか?

特に一文が長いものだと、途中で意味が分からなくなって曖昧な訳になってしまうという声をよく聞きます。

普段の音読するペースと同じ速度で長文解釈できるようになることが理想なので、もし途中で意味が取れなくなったら、文章に区切りを入れて読んでみてください!

スラッシュ付けるとやりやすいと思います!

 

以上2点が、私が受験生の時にやっていた音読法です。

ちょっとでもいいなと思ったら、是非是非実践してみてくださいね!

 

もっと知りたい!と思ったら校舎でいつでも私に話しかけてください(^ ^)