~学校の活用方法~ | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 10月 18日 ~学校の活用方法~

 
 

こんにちは!担任助手1年の岡本です!
みなさん勉強は捗ってますでしょうか…?
最近急激に冷えてきているので体調にはくれぐれも気を付けて下さい!!
また、受験生はそろそろ本格的に早寝早起きを意識してほしいです!
受験本番の前日だけ早く寝て、当日早く起きればいいじゃん…と考える人もいるかもしれません。ただ、習慣というものは怖いもので、一度遅く寝る習慣がついてしまうとなかなか早い時間に
寝付けなくなってしまうのです…。受験前日に寝付けずに焦るような事態を防ぐためにもみなさん早めに規則正しい睡眠を心がけましょう!!

さてここからは本題に入っていきたいと思います!

今回のテーマは「学校と受験勉強」です。結論から述べますと、当たり前のことですが受験と学校の勉強どちらも本気で取り組む!のがベストです。
ただ、高校によっては勉強や周りのレベルが低いなどの理由から学校に通う必要性が分からず、学校に行くことがストレスになってしまっている生徒もいると思います。
かくいう私も過去にそのような経験をしたため、今回はそのような生徒にフォーカスをあててこのブログを書きたいと思います。
もちろんこの方法が正しいとは限らないため、参考程度に見て頂ければと思います。
自分は学校をリフレッシュの場所として活用していました。
リフレッシュの方法として以下の2つがありました。

①睡眠
この時期になると多くの人が残り4か月という時間のなさに焦りを感じてくると思います。
ただ、睡眠時間を削ってしまうとかえって頭が回らず、勉強効率が下がってしまうため、最低限の睡眠はとる必要があります。
そこで私は学校の休み時間などに睡眠をとることで東進や家での勉強時間を1分1秒確保することに努めていました。

②受験に関する話題でみんなと会話
やはり受験勉強をしていると一人で机に向かっている時間が多いため、人と話す時間が減ってしまいます。
人と喋る時間が減ってしまうと、次第に心を閉ざしてしまい、多大なるストレスを抱えてしまう可能性が多くあります。そのため、私は学校をたくさんの人と話し、リフレッシュする場として活用していました。
内容としては世界史に関する知識の共有や問題の出し合いなどを行っていました。
ただ、やはり人と勉強することは効率が悪いように感じていたため、東進で極力避けていました。

質問等あれば校舎で話しかけて下さい!!