12月最終共通テスト本番レベル模試を終えた今すべきこと | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 11日 12月最終共通テスト本番レベル模試を終えた今すべきこと

こんにちは、担任助手1年の山本真尋です。

布団の温もりが憎い時期になって、私は毎日1限と格闘していて、毎日満員電車に90分揺られています。

眠い目をこすり決死の想いで学校に向かう満員電車では、以前ならはじっこが空いたときに自分の日ごろの行いの良さに感謝していたのですが、最近ははじっこの席に足元ストーブが無いためどちらかというと真ん中の座席希望で電車に乗っています!笑

皆さんはお気に入りの座席ありますか?

 

さてさて、今日は最終共通テスト模試でしたね!

受験者の皆さんお疲れ様でした。

 

受験生にとっては共通テスト本番前、最後の模試でいつも以上に日頃の成果を存分に出したくて緊張したのではないでしょうか。

 

新高3以下の皆さんは得点率が合格率と大きく関わると言われている同日体験受験前最後の模試なので、同じく緊張して受験したのかなと思います。

 

共通テスト本番までは33日となり日曜日はあと4回‼︎ 

目の前に課題は山積みなのに、時間は無くて、何をいつどうしたら良いのか分からず焦っている人いませんか?

受講や単元ジャンル別演習などが終わっていなくて、それでも過去問はやらなければならなくて共通テストの対策ももう一度したい…などなど、そんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?

でもその焦りって本当に時間の無駄だったなと私の実体験から思っています。

焦って、やること盛りだくさんな計画を立てて、実行してみるけど終わらなくて、やっている意味が分からなくなって、終わらせることだけが目的となってしまったというのが去年の私の反省です。

せっかく時間を取ったのに無駄だったなんてことほど悔しいことはなくないですか?

 

適度な焦りは大事です。でも焦りすぎてすべき事をできなかったり、その勉強をする意味・本質を見失ってしまっては本末転倒です。

 

たった33日、されど33日です。

 

できることを誠実に確実に!

悔いの残らない日々を過ごしましょう。

 

第一歩は今日の模試を本日中に自己採点や分析することです。

自分ですべきことをしたけど、分からなくなってしまった、この方法で良いのか分からないなんてときは私たち担任助手や担任の方に聞いてくださいね。

いつでも皆さんを心から応援しています。