ルーティーンの大切さ | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 3月 26日 ルーティーンの大切さ

こんにちは!

担任助手1年の井上真鈴です。

桜が満開で綺麗ですね!!

 

今日は私が受験生の時に大切にしていた「ルーティーン」について書いていきます!

 

この春休みは、受講、確認テストや修判、高マス、問題集、学校の宿題などやらなければならないことが山積みだと思います。

 

そこでみなさんに質問です!

毎日のルーティーンは決めていますか??

 

私は受験生の頃、いくつか決めていたので紹介します!

 

①東進に登校したらまずは高マスをやる

英語は、完修したものも1週間に1回くらいは修判を再度受けて、暗記の抜けがないようにしていました!

 

数学計算演習はステージがたくさんあり、1A2B3の基本編だけでも160ステージありますね!!!!!

2ステージ/日でやっていっても、修判含めるとヶ月ほどかかるということです。

 

そのため、コツコツやることが大切になってきますね!

 

②寝る前に今日の計画を振り返り、次の日の計画立て

これは必ずやって欲しいです!

やることがたくさんある人にとっては特に大切になってきます。

 

計画通りできなかった理由は、そもそも予定を詰めすぎていたのか、それとも怠けている時間が多かったのかのどちらかだと思います。

 

前者の場合、これから予定を立てる時に気をつけないとですね!

後者の場合は反省して、繰り返さないように次の日に活かすことが必要です。

 

春休みたくさん努力しましょう!!