共通テスト直前のみなさんへ、野間からのTips! | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 6日 共通テスト直前のみなさんへ、野間からのTips!

 

みなさんこんにちは。

相変わらず挨拶がうるさいと言われています、担任助手の野間陽太です。挨拶は元気よくするに限ると思いますが、皆さん挨拶返してくださいね???

さて、共通テストが1週間後に迫っていますが、皆さんどうお過ごしでしょうか?

僕からは、共通テストまでの過ごし方や当日の過ごし方についてチョッピリアドバイスをしようと思います。少しでも皆さんの力になれば幸いです。

【当日までの過ごし方】

 試験本番は環境の違いや緊張などでいつも通りのパフォーマンスが出せなくなることも大いにあり得ますよね。そんな状況でもしっかり解ききるために、練習の段階では制限時間を短くして解いてみるなど、自分に負荷をかけて練習するのは有用だと思います!
実際僕も、英語リーディングを解くときは制限時間を60分にして練習していましたが、本番は制限時間ギリギリかかったので負荷をかけて練習しておいてよかったと感じました。

また、本番前までに当日会場に行くまでのシミュレーションをしておきましょう。当日は何が起こるかわかりません。雪が降っているかも、電車が遅れているかも、教室めっちゃ寒いかも(暑いかも)などなど。これらを想定しておくことで、当日そういう状況になったときに落ち着いて対処できると思います。実際僕が受験した当日は、試験会場になっていた東京大学の本郷キャンパスで傷害事件も起こっており、ほんとに何が起こるかわからないと感じました。ただ、当日スムーズに受験できるようにするためのことなので、考えすぎて不安になることはありませんよ!

【当日】
家を出るときに、親御さんへ感謝の気持ちを伝えましょう。受験生としての生活は親御さんのサポートなしには実現しえなかったはずです。改めて感謝をして、「いってきます」といって気持ちよく出発できるといいですね。 

また、試験会場には同じ学校の友人がたくさんいるかもしれませんが、必要以上にしゃべらないこと!実際僕も会場には仲良い同級生がたーくさんおり、長い休み時間でおしゃべりをしてしまったのは後悔です。話すとリラックスできるとは思いますが、適度な緊張感をもって受験するためにも、一分一秒を惜しんで一問でも多く知識をつけて臨むためにも、休み時間で勉強するものをしっかり持っていき、有効に活用しましょう。

最後に、2日目がある人へ。1日目が終わっても結果について考えすぎないこと!自己採点をするのもやめたほうがよいでしょう。2日目に本来の力を出すためにも、余計な不安を抱かないに越したことはありません。

【最後に】

ここまで読んでくださりありがとうございました!みなさんに何か参考になることがあれば幸いです。

受験当日、いろいろな思いが湧いてくるとは思いますが、

みなさんが全力を出し切れるよう応援しています!