夏休みに向けて! | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 7月 5日 夏休みに向けて!

こんにちは!担任助手2年の山中です。

自分が東大合格に向けて勉強していた2年前の経験から「夏に向けてやっておくべきこと」をお話しします。

 

「夏は受験の天王山」という言葉をご存知でしょうか?

受験生にとって夏というのは最も大事な時期です!この夏どれだけ勉強できるかによって合否が決まってしまいます。

 

これを聞いて多くの受験生はよっしゃ夏頑張るぞ!と思います。しかし、それだけでは甘いです!

やる気だけで夏を乗り切ろうとしていませんか??

夏休みが終わってみると、「満足のいく勉強ができた!」という生徒と「思ったより勉強できなかったな」という生徒に分かれてしまいます。

これはやる気の差ではなく準備の差です。

夏休みまでまだ時間があります。

夏休みのための準備をし、それを夏から始めるのではなく今から始めてうまくいくか試しておくことによって夏休みの勉強の質は大きく変わります!!

僕からは夏休みまでにやっておくべきことを2つお話しします。

 

1、夏休みの終わりまでにどこまでやるかを予め決めておく

夏にどこまでやるかを決めておきましょう!

それだけでなく中間地点をいくつか設けて勉強が予定通りに進んでいるかをチェックできるようにしましょう。

東進では7月末までに共通テスト10年分、8月末までに二次過去問10年分を解くという勝利の方程式があります!

これが確実に終わるように予定を立てましょう!

夏休みに入る前に過去問をある程度解いておき、どのくらい時間がかかるのか知っておくことをお勧めします。

 

2、一日の時間割を固定化する

やることをある程度固定化して習慣化しましょう!夏休みは長いので毎日やることを決めていると大変です。

自分のルーティンを確立し、サボってしまう日が無いようにしましょう!

そして、決めたルーティンを夏休み初日からこなすために、夏休みに入る前の今から実践しましょう!

特に、まだ毎日校舎に来ることが習慣化していない人がいたら非常に危険です。夏休みの勉強量を最大化するために校舎に毎日来ることは必ず習慣化しましょう。

 

何度も言いますが、夏は受験の天王山です!!

万全の準備で夏を迎え、充実した夏にしてください!!

 

最後に告知です。

7月16〜20日に受験生HRがあります。

今回は永山校舎長が池袋校の過去のデータに基づいて、池袋校の夏の戦い方を話してくださいます。

皆さんの夏の勉強量の天井をぶち上げるHRを約束しますので、必ず参加して夏休みの勉強でいいスタートを切ってください!

結果がすぐ出る!東進ハイスクール模試のお申し込みはこちらから↓↓↓ 今なら最大4講座無料!!夏期特別招待講習のお申し込みはこちらから↓↓↓