東京都立大学文系の受験の極意 | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 7月 2日 東京都立大学文系の受験の極意

みなさんこんにちは!

本日は川田が、東京都立大学文系の受験の極意について紹介します!

 

今日も基本情報、対策について話していきます!

 

①基本情報

 

東京都立大文系の学部は、人文社会学部法学部経済経営学部の主に3つに学部が分かれています。

そして、3つの学部から学科が複数別れる形になっています。前回同様に学部、学科によって配点などが異なっている為、下の大学の大学ホームページから確認してください!

 

https://www.tmu.ac.jp/extra/download.html?d=assets/files/download/entrance/2021_is_bosyuyoko.pdf

 

東京都立大文系の特徴としては、どの学部も共通テストの配点が50%超えていることです。

 

また、毎年試験の形式はほぼ変わっていないため、問題量や難易度、頻出分野がある程度決まっています。どの科目にも記述問題があるので、科目ごとの体系的理解が必要になります。

 

 

②対策

上記のことを踏まえるとまず共通テストレベルをしっかり解けるようにするのが第一目標です。

東進生であれば、7月の今から「過去問講座大学入学共通テスト対策」10年分しっかりやりこみましょう。

これをやりきるか、やりきらないかで8月の2次対策が大きく変わります。

 

先程も述べたように、東京都立大は毎年傾向があまり変わらないので、2次過去問を対策すればするほど、合格に近づきます。

 

そこに力を注ぐためにも、7月で共通テストが完璧になれば、8月に記述などの対策に時間を要する二次過去問に時間を費やすことができます!この7月勝負ですよ!!

 

今これを見てくれている高1,2生は、高校3年生になったときにしっかり過去問対策に時間を使えるようにするために、一通りの範囲をインプットすることがカギになります。

最低でも英語、数学は演習できるレベルまで持っていきましょう。

 

そしてその手段として塾、予備校を少しでも考えようと思っている人は、東進の無料でできる夏期特別招待講習の活用をオススメします。

この夏が勝負なので、いろんな体験などには参加して、志望校や受験勉強について知れる機会を作りましょう!

 

迷ったら即行動。

 

この差が合否を分けます。

 

何かお困りの際はぜひご来校下さい!!

 

結果がすぐ出る!東進ハイスクール模試のお申し込みはこちらから↓↓↓ 今なら最大4講座無料!!夏期特別招待講習のお申し込みはこちらから↓↓↓