ブログ | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ 2021年07月の記事一覧

2021年 7月 30日 東進講座紹介【スタンダード日本史】

 

みなさんこんにちは!!

今日も講座紹介ということで「スタンダード日本史」の紹介をしていこうと思います!!

 

〜講師紹介〜

スタンダード日本史を担当されている先生は 金谷先生です!!

 

金谷先生の特徴は何といっても板書でしょう!!

授業中にとてもわかりやすい表を用いて時系列に出来事をまとめていきます。

それが頭に入りやすくテストでの高得点につながります。

ただ覚えるのではなくて効率よく覚えることができるのがとてもいいです。

 

〜講座概要〜

スタンダード日本史はpart1,part2合わせて40コマの授業と講習講座を合わせた構成となっています。

スタンダードだからといって基礎知識のみなのかといわれるとそうではなく、難関国公立から難関私立まで幅広く対応している講座となっています!!

 

日本史が苦手な人でも1から基礎を積み重ねていき、復習もしやすいテキストになっているのでテスト、入試で高得点が取れること間違いなしでしょう!!

 

・日本史が苦手な方

・受験で日本史を使う方

・国公立入試、私大入試で合格点を取りたい方

 

全ての人におすすめの講座となっています!!

日本史を得点源にしたい方は是非、校舎の方に連絡をよろしくお願いします!!

 

ただいま東進ハイスクールでは「特別招待講習」を実施中です!

7月31日までにお申し込みいただければ2講座無料で授業を受けていただけます!!

 

このブログを読んで少しでも勉強をやってみようかなと思ったそこのあなた!

『思い立ったが吉日』です!!

下記のリンクよりお申し込みをお待ちしています!!

校舎でお会いできることを心からお待ち申し上げます!!

 

では校舎で会いましょう!! ありがとうございました!!!

 

 

結果がすぐ出る!東進ハイスクール模試のお申し込みはこちらから↓↓↓ 今なら最大2講座無料!!夏期特別招待講習のお申し込みはこちらから↓↓↓

2021年 7月 29日 東進講座紹介【ハイレベル化学】

みなさんこんにちは!担任助手の波多野です!

夏休みに突入して、最大限の努力量をつめているでしょうか?

 

夏の終わりの共通テスト模試で結果を出せる様に、少しサボってしまっているという人はもう一度アクセルを踏み直しましょう!

 

さて7月後半は東進の講座紹介です。

 

今回はハイレベル化学について紹介しようと思います。

この講座は、受験業界ではかなり有名な鎌田先生が担当しています!

 

自分もこの講座は受講していたのですが、鎌田先生は暗記に偏りがちな化学の原理などから解説してくださるため、理解の伴った暗記をすることができ、頭にスッと入れることができました!

 

全体ではPart1,Part2合わせて40コマで構成されており、主に知識のインプットが目標とされています。

 

スッと入ってくると言っても一部大学の範囲にも踏み込んでいるため、講座の難易度設定はは少し高めで、共通テストで60点ほど取れている人向けです!

 

鎌田先生はテキストをまとめるのが本当に上手で、僕は最後までハイレベル化学のテキストのみで知識のインプットは終えました。

 

この講座をとっている人はしっかりと身に沁みるまで復習してください!

 

結果がすぐ出る!東進ハイスクール模試のお申し込みはこちらから↓↓↓ 今なら最大2講座無料!!夏期特別招待講習のお申し込みはこちらから↓↓↓

 

2021年 7月 28日 東進講座紹介【スタンダード化学】

 

 
 
 
 

こんにちは!一年担任助手の橋本です!夏休みも始まったと思います!受験生にとっても低学年も、夏は受験の天王山です!

朝登校して、自分の限界突破頑張りましょう!


今日は私が「スタンダード化学」を紹介したいと思います!



スタンダード化学をしっかりとやり切ると共通テストで75点取れるようになり、上位国公立大、有名私立大の試験問題に対応できる実践力を身につけることができるようになります!


実はスタンダード化学は3人の先生がいらっしゃいます!大西先生と橋爪先生と岸先生です

それぞれの先生で少しテキストの構成が異なるので紹介しようと思います!


大西哲男先生


理論化学

理論、無機化学

有機化学

20講ずつの3パートに分かれており、全部で60講となっています


化学基礎、化学において理解するべきことと暗記しなければならないことを明確に分けた上で入試問題の普遍的な解き方を教えてくれます!

テキストは用語の解説、基本事項の確認問題、大学の入試より出展されている演習問題から構成されています。この演習問題は大学入試で合否を分けるやや難問題を集めています。予習で確認問題、演習問題解きます。そして、授業では演習問題の解説を中心に進めます。

このテキストを復習し、完璧にすることによって、入試2次試験に対応できるようになります。


橋爪健作先生


理論化学

理論、無機化学

有機化学

20講ずつの3パートに分かれており、全部で60講となっています


東進ブックスから売り出されている化学一問一答の著者の先生でもある橋爪先生です。

この先生のテキストは用語説明、基本トレーニング問題が5問、演習問題が3問から構成されています。講義は演習問題の解説を中心に行います。

こちらのテキストも復習し切ると、共通テスト、二次試験に対応する実践力を身につけることができます。


岸良祐先生


パート1(理論化学、全範囲)

パート2(無機化学、有機化学、高分子化学)


20講ずつの2パートに分かれており、全部で40講となっています。

この講座を受けると中堅〜上位国公立大、有名私立大入試に対応できるようになります。

この先生のテキストは穴埋め式ノートパート、入試問題からなる演習問題2問、自習問題3問から構成されています。授業は演習問題の解説を中心に進みます。復習用の自習問題の数が多いことが特徴です。



スタンダード化学に限らず、講座は受け切って、復習をして、自分のものにすることが大切です

また、復習には時間が必要であり、そのためにはスピード感を持って受講をすることが必要になります。

毎日受講、毎日登校この夏頑張りましょう!

何か困ったことがあればなんでも聞いてくださいね!

全力でサポートいたします!

 

 

結果がすぐ出る!東進ハイスクール模試のお申し込みはこちらから↓↓↓ 今なら最大2講座無料!!夏期特別招待講習のお申し込みはこちらから↓↓↓

 

2021年 7月 28日 東進講座紹介【林修先生編】

みなさんこんにちは!担任助手の加藤です。

今回は、東進の看板講師、林修先生の講座を紹介します!


・林先生の講座

林先生が担当している講座は以下の通りです。

「東大対策国語」 東大志望向け。

「京大対策国語」 京大志望向け。

「一橋大対策国語」 一橋大志望向け。

「現代文記述・論述トレーニング」 難関国公立大志望向け。

「ハイレベル私大現代文トレーニング」 難関私大志望向け。

「高2ハイレベル現代文トレーニング」 難関大志望高2生向け。

「入試対策:センター試験対策現代文(90%突破)」 難関大志望向け。


どれも素晴らしい講座なのですが、今回は私が受講した経験があり、

皆さんにも自信を持ってお勧めできる

「現代文記述・論述トレーニング」「一橋大対策国語」

について解説します!


・「現代文記述・論述トレーニング」

国公立大の標準的な記述問題~超難関レベルの問題まで段階的に

現代文の答案作成能力を高めることを目的とした講座です。

20コマの通期講座+夏季5コマで、

難関国公立二次試験レベルの記述問題を

「余裕を持ってクリアできる」実力を身に付けることができます!


私は現代文を独学でやろうと考えていましたが、

毎回点数が安定しないのが悩みでした。(特に記述問題)

担任の先生の勧めもあって、この講座を受講しました。

構成としては、

予習で演習問題を自力で解く

→受講で解法を確認

→復習で解法の定着を図る

というシンプルなものですが、

林先生の解法は、「どのような記述問題であっても共通の解き方で解ける」

という点で、非常に有用なものです。

この講座を終える頃には、

記述問題の点数が高水準で安定するようになりました!

受験を振り返って、受講して本当に良かったと思っています。






・「一橋大対策国語」

一橋大学の国語は、非常に独特な出題で知られています。

例えば、一橋大学の大問1は、問題自体はスタンダードな現代文の問題です。

しかし、「制限字数が非常に厳しい」というのが特徴です。

ですから、通常の答案作成能力に加えて、

解答に必要な要素を凝縮して制限字数内に収める練習が必要であり、

その練習を行う講義内容になっています。

一橋大学の特徴を掴む→大問別に解法を研究→総合演習(過去問)で解法の

定着を図る、という構成になっています。

このように、「現代文記述・論述トレーニング」で培った答案作成能力を、

一橋大学の入試問題に特化した形に変換する

というイメージを持ってもらえると良いかと思います!

5コマ講座ですが、20コマ分の価値がある講座と言っても過言ではないくらい、

素晴らしい講座です。


一橋志望で国語の対策をどうしようか迷っている人に、

自信を持ってお勧めできる講座となっています!




いかがでしたか?

私の第一志望校であった一橋大学は、理系顔負けの数学と、教科書範囲を軽く凌駕する

凶悪な世界史で知られる大学です。

そして、配点的にも英語、数学、世界史を優先せざるを得ず、

現代文にかけられる時間は非常に少なかったです。

私が受験生時代に行った現代文の勉強は

①現代文記述・論述トレーニングの予習、受講、復習

②一橋大対策国語の予習、受講、復習

③過去問演習(20年分解きました)

④単元ジャンル別演習

のみです!(本当にこれだけしかやっていません!)


林先生の解き方を受講で理解し、問題演習で

それを適用する練習をするだけで、


 一橋国語で合格点をとれるようになりました。


そのくらい、林先生の講座は完成度が高く、確固たる実力がつく講座となっています!

(その分予習、復習がとても大変ですが…)

現代文の学習に悩んでいる人は、ぜひ林先生の講座を検討してみてはいかがでしょうか?

体験してみたい、という意欲ある諸君を校舎でお待ちしております!

 

結果がすぐ出る!東進ハイスクール模試のお申し込みはこちらから↓↓↓ 今なら最大2講座無料!!夏期特別招待講習のお申し込みはこちらから↓↓↓

 

2021年 7月 27日 東進講座紹介【ハイレベル物理編】

―物理の”真の理解”から”揺るぎない実力”へ―

東進講座紹介【ハイレベル物理編】

皆さんこんにちは!!池袋校担任助手の江川です。

受験の天王山の夏休み、皆さんは有意義に過ごせてますか?夏休みの勉強量で夏終わりの模試の点数も順位も大きく変わってきますよ!!頑張りましょう!!

さて今日は自分、江川が東進ハイスクールの物理の講座である「ハイレベル物理」の紹介をしようと思います。講師はあの有名な苑田尚之先生です!!
このハイレベル物理では公式・パターン主義を脱却し、物理の“真の理解”をして、その上で入試問題を根源的な部分から解くことで入試問題を解く上で十分な実力を身につけることができます!!

講座のレベルとしては共通テストレベルはもちろん、二次・一般試験にも十分に対応できるものになっています。講座の授業の数としては、力学で25講、電磁気学で20講、波動・熱力学で20講の合計65講です。
この講座の対象としては、早慶、上位国公私立大学などの難関大学の入試に十分な実力を身につけたい生徒で、目標としては、物理の本質的な理解実践力を身につけ、難関大学の入試に対応できる実力をつけることです。

講座の構成としては、物理の理論的な講義を行った後に、二次試験の過去問を通して実際の入試問題においての理論の使い方を見ていくという流れになっています。講義は第1講①、②、第2講①、②というように2コマ分で1講というようになっていて、各講で多少違いはありますが①で理論を②で問題解説を行います。また、テキスト巻末には講義で扱った物理法則の確認をする復習問題がついていて理解を深められます。本質理解と実践力養成を両方一気に身に付けられる、非常にためになる講座です!!

最後に自分がハイレベル物理を受けた感想を書きたいと思います。自分の感想としては、ハイレベル物理は物理の本質の理解が非常に深まる講座だと思います。また物理の法則を基本原理から数学的に説明してくださるのですが、その説明を聞くと物理の美しさ感じることができます!!この講座を受ければきっと物理を楽しいものだと感じられます!!

時には理解が難しい内容に直面したり、数式から意味を読み取り理解するという少しレベルの高い素養を求められることもありますが、それも必ず学びになります。くじけたり、あきらめて無視したりせず、すべて理解できるように努力していれば必ず理解できます!!そうすれば怖いものはありません!!

ハイレベル物理、受けてしっかり理解すれば必ず実力になります!!物理をどうしようか迷っている方はぜひ体験してみてください!!

 

 

結果がすぐ出る!東進ハイスクール模試のお申し込みはこちらから↓↓↓ 今なら最大2講座無料!!夏期特別招待講習のお申し込みはこちらから↓↓↓