この夏が勝負!!!! | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 7日 この夏が勝負!!!!

こんにちは、担任助手の瀬畑です!!

今回のテーマは「夏の戦い方」ということで、過ごし方で合皮に大きく関わる夏の使い方について書いていこうと思います!
 
高1、高2生は8時間    受験生は15時間
 
これは難関大に受かるために必要な1日の学習時間の目安であり、この数値を心に刻んでください!!
 
この時間を確保するにあたって高1、高2生は部活や用事などがあり難しいかもしれません。
しかし、あなたが目指している大学を志望しているライバル達はこの時間の学習量をこなしています!!当然ながらライバル達を追い越すためにはそれ以上の学習量が必要となってきます。
 
受験生のあなたにとって夏は受験期間の中で最も大事な時期と言っても過言ではありません。その時期に合格目安の時間を勉強しなければ結果は言わずともわかると思います。
また、15時間勉強はあくまで合格目安の時間なのであなたのライバルたちもこの時間勉強するでしょう。その中で合格するには、更なる学習量が必要となってきます。
 
学習する内容としては、
 
高1、高2生は英、数、国は高3までに共通テストレベル模試で8割
 
受験生は第一志望校過去問10年、共通テストレベル模試で合格者平均点突破
に向けての学習です。
 
高3の前半は理科、社会を重点的に勉強したいので必然的に高2の間に主要3科目は完璧にしておく事が必要となります。
決してこの3科目を完成させることは簡単ではありません。
なので普段勉強に使えない時間を勉強に使えるこの夏を使うことで必ず3科目の共通テストレベルは完成します!!!!
 
受験生は早めに志望校過去問10年解き切ることにより過去問を研究し、夏以降の勉強方針を自分で立てる事ができます!
この勉強方針を立てられるかが合否に大きく関わってきます。
漠然と勉強するより、自分の弱点を補いながら勉強するとでは効率が違うのは明らかです!!大学受験は全国規模であり、現役生はここで効率よく勉強できないとタイムアップになってしまい、力を発揮できません。
 
長くなってしまいましたが、夏の大切さについて書かせてもらいました。この夏が終わった後にやりきった!!と自信を持って言えるように頑張りましょう!!!!
 
あなたが休んでいる時、ライバル達は走っている