なぜ東進にしたのか? | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 11月 24日 なぜ東進にしたのか?

 

皆さんこんにちは!池袋校担任助手1年の荒川夏奈子です!

ここ数日急に寒さが本格化し、

朝晩はかなり冷え込む季節になりましたね。

日も短くなってきていて、いよいよ冬の訪れを感じますが、

毎日本気で勉強に取り組めていますか?

体調管理は抜かりなく、ここからは加速するのみです!

 

 

 

今回のブログテーマは、生徒の皆さんの疑問解消!ということで、

今日は私、荒川が『どうして東進を選んだのか』について、

①東進に入学を決めた理由、のほかに

②東進生になってから東進にしてよかったなと思った点

③担任助手になってわかった東進の魅力

の3点をお話します。

 

 

 

 

 

私は高1の6月に、全国統一高校生テストを受験し、

招待講習を受けて7月に入学しました。

私は高校受験をしたので、

新しく大学受験対策のための塾を探していたのですが、

東進池袋校に決めた理由はズバリ、

かっこよかったからです!!!

池袋駅から直結で、雨の日も濡れずに通えるの!?

オフィスビルの18Fにあるなんて、塾じゃないみたい!

映像授業って新鮮!止めたり巻き戻したりして何度も受講できるなんてすごい!

といった単純な気持ちで、でも期待感たっぷりに入学しました!

 

 

 

実際に東進に通って魅力的だったのは、グループミーティングです!

グループミーティングとは、

週に1回30分間、担当の担任助手と、

同学年、同じような志望を持つ4〜6人のメンバーで集まり、

1週間の予定や目標を確認したり、

将来の志や考えを共有し合ったりする機会です。

 

期待感たっぷりに入塾したものの、当初はまだ大学受験の厳しさを知らず、

学校行事を言い訳にしたりして、

勉強に本気で取り組むことができていなかった私ですが、

高1の冬、同じグループになったメンバーの勉強量に圧倒されました。

同じ高1なのに、自分と比べ物にならないほど、

自立して受講や高マスを進め、将来について考えている子がいる!と、

衝撃と刺激を受けたことは、

自分の勉強習慣を見直し、勉強時間を増やすきっかけになりました。

また高3のグループミーティングの時間も、

受験生で1分1秒でも惜しんで机に向かわなくてはならないのにも関わらず、

私は毎週心待ちにしていたんです!

担任助手の方のお話や、考えてきてくださる内容には、

毎回新しい学びがあって、常にモチベーションに繋がっていました。

 

自分より努力している人と一緒に話して、他者の考えを知り、

また共同で何かを成すといった機会は、

大学受験という過程で成長するためには、

なくてはならない経験だったと思います。

 

 

 

最後に担任助手になってからわかった東進の魅力ですが、

①第一志望大学に現役で合格するために必須のカリキュラムと、

②受験という経験を通して、人格を育成し、

社会に貢献する人財にする、という理念です。

 

インプット済みの知識とアウトプット可能な知識は、

完全には一致しません。

第一志望で出題されるような難易度の高い問題を解けるようになるには、

全範囲学習のあと、際限なく演習を積んでアウトプットを繰り返し、

入試本番の限られた時間のなかでサーチをかけられる知識の引き出しを、

沢山増やしていく必要があります。

しかし、入試に出題される全範囲が習い終わるのが、

受験までかなりギリギリという高校も多いはずです。

それでも試験日というリミットに間に合わせるには、

自分で先取りをしてどんどんインプットしていき、

高3の間に演習期間を創出するしかありません!

 

映像授業はそれを可能にしてくれます。

自分の志望校への熱量次第で、合格が見える計画立てができます。

 

 

 

また、大学受験のその先にどんなを実現させるのか、

考える機会が沢山設けられています。

先述したグループミーティングもその一つです!

ほかにも講演を伺う機会である「トップリーダーと学ぶワークショップ」

担任助手が企画する校舎内のイベントも沢山あります!

 

ただ今池袋校では、「志撃(しげき)」というイベントを開催中です!

担任助手が自分の通っている大学学部について紹介し、

学んでいる授業をミニ講義するという内容です。

20の担任助手がそれぞれ個性ある内容を準備しています!

すでに参加してくれた方からは他の回にも参加したい!と好評なので、

まだ参加していない人は、担任助手に声をかけてくださいね!

ちなみに私は11/26(金)統計学について語ります!

 

 

 

 

 

大学受験を終えて一番感じたのは、

大学受験対策を始めるのに早すぎるなんてこと絶対にない

ということです。

これだけやってダメだったら、この大学はセンスない!

第一志望校をけなせるくらいの努力ができなかった悔しさを、

私は担任助手としてできること全てにぶつけています。

 

 

 

池袋校に通う私と関わってくれた皆さんには、

同じ後悔はさせたくありません。

 

 

 

明日も今日以上の頑張りを期待しています!

 

 

 

 

第一志望合格のため、

最大限の時間校舎で頑張る皆さんを、

明日も池袋校No.1の明るい笑顔でお待ちしています!!!