夏休みに向けて【山本留維編】 | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ

2021年 7月 11日 夏休みに向けて【山本留維編】

こんにちは!担任助手の山本留維です!
今日は夏に向けて「やるべきこと」と夏に僕が「やっていたこと」を話していきます!!
まず初めに夏に向けて「やるべきこと」を2点話していきます。
1点目は徹底的な基礎固めです。9月以降は過去問や演習で忙しいのと、受験へのプレッシャーで何かと基礎に手が回りません。ですから夏休みという長期休みを活かして、必ず基礎を完璧にしてください!

そうは言っても「何をやればいいですか?」という質問を多く受けます。何をやるかは人それぞれです。

例えば、皆さんはお手元の英文法書を完璧に解くことができますか?できるのであれば、現段階で復習は必要ありませんし、不安であれば、この夏休みで完璧にしましょう!このような感じで自分が抜けていると思う基礎を洗い出し、徹底的につぶしましょう!


2点目は何かを達成することです。夏休みは長いけれど、終わってみると「結局何やってたんだっけ?」となりがちです。そこで何かを達成しておくと夏休みが終わったときに、何かをやり切ったことを実感でき、気持ち的にもとても楽です!

達成することの例としては、英単語や英文法や古文単語をおすすめします。これは1点目で話したことと関連しているのですが夏休みに基礎を完璧にしておくと、9月以降の勉強がかなりスムーズに進みます!ぜひ中途半端にではなく、英文法書1冊を完璧にするなど、達成しきってください!


次に夏に向けて「やっていたこと」を話します。僕がやっていたことはズバリ過去問です!具体的に言うと7月に共通テスト10年分、8月に第一志望の二次試験の過去問10年分です。

これを聞いて多いと感じる方もいると思います。しかし受験本番までの時間を逆算していくと、この時期にこれだけ解くのは決して多くありません。

なぜなら2次試験の過去問は復習を含めると非常に時間がかかります。例を挙げると、私立文系志望者ならば、英語の解答時間が約90分、国語が約60分、地歴公民が約60分です。復習時間が英語2時間、国語2時間、地歴公民1時間だと考えると、一年分解いて復習するのに合計で8時間30分かかります。

国立志望者ならば倍の時間はかかってくるでしょう。そう考えるとこの内容を学校が始まる9月以降に行うのはかなりハードです。

実際に東進では「過去問演習講座」を通して先ほど挙げた共通10年と二次過去問10年を夏休みの間に解いてもらっています!皆さんもぜひこの夏過去問に取り組みましょう!!

最後になりましたが、体調管理も大事な受験の要素です。最近、新型コロナウイルスの感染者が増えてきているので、感染対策を徹底しつつ受験勉強頑張ってください!!