ブログ | 東進ハイスクール 池袋校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 2022年05月の記事一覧

2022年 5月 31日 志は今から考えるべきなのか

こんにちは!澤田です。

 

私の志は「DX化を推進し、ITと人との共生を実現すること」です。

この志について詳しく知りたい人は校舎に貼ってある作文に目を通すか、私に直接聞きに来てください!

 

実は大学三年生の終わりにやっとこの志にたどり着きました。

高校生の頃の私は、なんとなく大学に通い、

なんとなく企業に就職してOLになるんだと漠然と考えていました。

 

しかし、東進に通いだすと、志や将来についてたくさん聞かれるようになり、

せっかく受験もがんばるのだから本気で考えてみることにしました。

そこで私はスポーツが好きだから、

スポーツの面白さを周囲に広めることのできる広告業界に就職したいと思うようになりました。

少し安直な気もしますが、当時はその夢に本気でワクワクしていました。

自分にそんなことが果たしてできるのか?ということはさておき、

震災で暗い雰囲気の東北に希望を与えた、

東北楽天ゴールデンイーグルス優勝のような感動がもっと広がったらいいのにと思っていました。

 

この志は大学生になって就職活動をしていくうちに

突き詰めて考えていく中で変化していきました。

 

しかし、高校生の頃の志は受験勉強をする上でかなりモチベーションになりました。

また、東進のおかげで志について常に考える習慣がつき、

トップリーダー、English workshopなどの経験は、大学生以降志を考える上で大きな指針となりました。

 

特にEnglish workshopは自分の成長に大きな影響を与えました。

英語が苦手でずっと逃げてきた私でしたが、

あえて英語だけの環境に身を置いてそれを乗り越えることで自信をつけたいと考えて参加しました。

 

結果、英語への苦手意識も消え、英語に関わる仕事にも興味がわくように変化しました。

それからわたしは挑戦できることにはすべて挑戦するようになりました。

やってみると案外乗り越えられることが多いし、

自信がつけばつくほどよりハードルが高いと思うことにも挑戦できるようになるからです。

 

文系の私が理系領域のITに興味を持ち、

その中でも専門知識が必要な職種を志すようになったきっかけはこの挑戦心が起因しているのかもしれません。

 

高校生の皆さん、志なんて今から考えられないよと思うかもしれません。

しかし、今の日々の積み重ねが志を形成します。

大学三年生になって就活を目の前にしたとき、

志について何一つ考えてこなかった人がいきなり志を思いつくでしょうか?

だからこそ、今から考えることに意味があります。

東進では志をみつけてそれに向かって努力している先輩がたくさんいます。

ぜひ相談してみてください。

 

 

日頃の先取学習で

周りの友達より

一歩リード!

学年トップを目指そう!

 

春休みで変わる!

始めるなら今!!

お申し込みはこちら

 

2022年 5月 30日 失敗する人の行動

 

 

 

お久しぶりです。
昨日は模試お疲れさまです。



今日は大迫が受験生の頃、
担任の先生から言われた言葉の中で印象的だったものを送ります。
今の受験生、新学年の子達にも知っていて欲しいなと思ったので是非読んでみてください!



(下)ここから
毎年見ていて受験で受かる人、落ちる人の特徴の話、少し厳しい話かも。

1、体調が良く悪いという人は受からない
落ちる人はすぐに体調を崩します。本当に体が弱い人は仕方ないのでそれはいいのだけど、そうでない人の中で基本生活が良くないとか、急に勉強を詰め込んでやっちゃうとか、いろんなことがあるのでしょうが、体調が悪いと休みがち。受かる人は体調を崩さない。少しくらいのしんどさならそこを言い訳にせずにやるというのもあるでしょう。

2、休憩にメリハリがないと受からない
校舎にいる時に良く思いますが、存在感がある人は受かりません。存在感がある人とは受付の前とか、ぐるみ室とかで良く顔を見かける人です。つまりはしょっちゅう休憩をしている、休憩が長い。自分の不安を誰かに聞いてもらいたいのか、誰かと話していたいのかわかりませんがとにかく時間感覚が甘いと言えます。ご飯の時間などもそうです。受かる人は友達関係なく、自分が食べ終わったらすぐに戻ります。小樽人は友達が来るたびに友達に付き合ってダラダラしています。校舎では存在感がない方が受かると思います笑笑

3、質問が多いと受からない
良く考えてからの質問はいいのですが、安易に質問に来る人は受かりません。その良くわからないなというところを深く考えて参考書を調べて良く似た問題やヒントはないかなど試行錯誤する中でこそ実力はアップします。そういう自分の頭で考えるということをあまりしない人は受かりません。特に難関大学はそういう力のある人を求めていますから。

4、コンスタントな学習ができない人は受からない
受験勉強は自分との戦いです。やる気が出ないなんて言い訳して逃げでいて受かるはずもなく、そこは自分の人間としての成長度が大きく影響してきます。受かる人は何があってもやる、受からない人は何かにつけてやらないだけです。やる気は自分の中から湧き出てくるものです。人にあげてもらわないといけないようでは受験も厳しいですし、社会人になってからもっと困ります。どんなにやる気が出ないなと思う時でも最低線をきちんと確保できる人間でいましょう!基本生活も同じです。受かる人はいるいつも同じ時間に校舎にきます。日によってその日の気分次第なんてことはあまりありません。

5、勉強を楽しんでいる方が受かります。
どうせやるなら楽しくやろう。そして勉強は一生続く本当は楽しいもの。受験勉強はつまらない、大学に行くためだけの勉強なんて次元低くいう大人もいるかもしれません。そんな言葉は置いておいて、自分の未来にどう繋がるのか、知的な好奇心を持って楽しくやろう。人間の脳みそは楽しくやる、笑顔でやる、そのことで力を数倍に高めます。やらされる勉強では成果は出ない。ここでつく勉強の習慣、学ぶことを楽しいと思うことは社会人になってからより大きくみなさんの武器になりますから!
単語を覚えるのも、1900も覚えるのか、、むり、きつい、ではなくて将来海外で仕事したいしそんなこと思えばこんな1900なんて初歩も初歩だ!さっさと覚えてアメリカの高校生くらいの語彙力早くつけたい!そう思ってやる方が伸びるに決まってます。高い次元から物事を捉えてやりましょう!大きく伸びるのはこういう思考を持っている子に多いです。

書き出すと止まらず、まだまだ特徴はあるのですが、とりあえず今日は5つ特徴をあげてみました。何か参考になれば。

最後に一言
池袋校に通ってくれているみんなは本当に優秀で大きな可能性を持っている人財です。素晴らしいご両親のもとで才能を伸ばす機会も与えてもらえています。東京という大都市に生まれて大きな夢や目標を持てる環境にいます。本当にそのチャンスを最高の時間にしてほしい。そして望む大学に行って大学に受かることで終わらない、その先に自分が恵まれた環境と才能を持って、それは偶然の部分も多いわけで、どう生きるかを考え、これからの日本や社会や世界のために、世の中のためにどう使っていくかを本気で考えて目標を持って生きる人になってほしいと思います。日本の国も75年前は池袋なんて焼け野原だったわけで、これから75年後またどうなっているかわかりません。日本という国を駅伝に例えたら今の時代を先輩から受け継いで、自分たちの子供や孫の世代に引き継ぐランナーのような役割を自分たちは負っているとも言えます。自分の幸せをしっかりつかむことはもちろん、その先に私たちの社会がより安心して平和に暮らせる社会になるようにしっかりと社会貢献していく、そういう思いを持って大学に行って努力し続けて欲しい。そのように思ってます。
まずは大学受験頑張りましょう!


ここまで

 

最後に大迫からメッセージ


読んでくれた皆さん、時間とってくれてありがとう。
このメッセージを受け、共感する部分、しない部分色々あると思いますが、一つの考え方としてこのような視点もあるんだなってのが伝わればいいなとおもって送りました。

 

大学受験がゴールでは決してないです。そのことを念頭に置き、今の何の為に勉強をし、大学卒業したらどう社会に貢献していくのか。どんな人生を歩むのか。大迫も就活で人生見つめ直してますが、みんなも今一度考えてみてください。

そして、受験勉強は他者との闘いでありますが、最後は自分との闘いです。

細かいところで言えば確認テストの点数、修了判定テストの合否、高速マスターの修了判定テスト、共通テスト模試の結果、二次過去問の点数、そして、志望校の合否

これらの結果は全て自分の今までの行動によって決まります。

結果には原因がある、これは絶対の真理です。今この時期に、未来の結果のためにどれだけ原因づくりを本気でできるか、とこんとんこだわっていろんなことに挑戦し、独立自尊の社会世界に貢献する人財として活躍して欲しいと思ってます。

頑張れ!


大迫

 

 

日頃の先取学習で

周りの友達より

一歩リード!

学年トップを目指そう!

 

春休みで変わる!

始めるなら今!!

お申し込みはこちら

 

 

 

2022年 5月 28日 実行あるのみ。

みなさんこんにちは!!担任の松丸です。

今日は私から「思いを遂げるためには」についてお話ししていこうと思います!!

低学年のみなさんはテスト等で忙しい中で、志作文を作成していただきありがとうございます!!
東進はよく志が重要であると言いますが、なぜ重要なのでしょうか??
それは、志が定まることで行動が変わり、行動が変わることによって結果が変わるからです。
人は自分の思いに概ね比例して、結果がついてきます。
しかし、ただ「思う」だけでは不十分なのです。
「志」ほどのレベルまで深く考え、心のそこから「思う」ことが重要なのです。

しかし、それほど重要な志をどのようにして見つけるのか。
何も、高尚な理由で見つける必要はありません。
最初は謂わゆる「不純な」動機でも全然いいと思います。
「カッコイイ」などの憧れの気持ちが、志を見つける入口であると私は考えています。
そのようなさりげないところに、きっかけはむしろ存在しています。
ただ、さりげないところに存在しているからこそ、注意していないと見落としてしまいます。
日々、アンテナを張り自分の指針を決めてみてください。

そして、志を決めたら行動あるのみです。
いくら十分な志を定めたところで、量が伴わないと達成することはできません。
志を達成するために大学受験が必要なのであれば、いますぐに意識を・行動を変えましょう。
量を確保するために最適な「夏」がもうすぐやってきます。
高12は1日8時間、高3は15時間勉強です。
ただ、いきなり15時間勉強しろ。と言われてもできるわけがないと思います。
テストが修了したこの時期に、学校を除いて6時間は最低でも勉強時間を確保しましょう。

結果を出したいなら、「圧倒的努力」が必要です。
前のブログでも書きましたが、世界最強のプロボクサーであるメイウェザーでさえも、このような言葉を残しています。

「お前らが休んでいるとき、俺は練習している。お前らが寝ているとき、俺は練習している。お前らが練習しているときは、当然俺も練習している。」

メイウェザーも「世界No. 1のボクサーになる」という志を持っていたことでしょう。
ただ「思う」だけでなく、それに伴う行動量も大切になってきます。
しかし、心から思えるような志があれば行動も自然とついてきます。
日々アンテナを張り、皆さんも自分なりの志を見つけてください!!
明日も校舎でお待ちしています。

日頃の先取学習で

周りの友達より

一歩リード!

学年トップを目指そう!

 

春休みで変わる!

始めるなら今!!

お申し込みはこちら

 

2022年 5月 26日 勉強と志から成長する!

担任助手の野口です。

皆さんは今何のために勉強していますか!

目の前の定期テストだったり、どうしてもいきたい大学だったりいろいろな答えがあると思います。

どれも正解だと自分は思います。

ただ、なかなか勉強が進まないという人もいるのではないでしょうか。

勉強は 「志」 に直結します。

まずは、なかなか勉強が進まない人は周りの友達や先生の話をたくさん聞きましょう。

もちろん今まで自分のやり方でやってきて成功している人は、自分の軸をもっているということですし

素晴らしいと思います。

ただ、周りの意見を聞いていかない、つまりは自分の世界しか知らない状態だと

受験失敗の三要素 「思い込み・慢心・情報不足」 を引き起こします。

なのでまずは素直に色んな人の話を受け入れる、聞くのが大事です。

次に、その上で自分の現状を把握して、勉強量を増やしましょう。

今やらなくてはいけない量を、自分の時間の最大限を使ってやる。

それこそが真の努力であり、人生の真善美だと思います。

そして最後に、今の勉強はもちろん大学合格のためでもありますが、

その先の未来の皆さんのためにもなってます。

今から受験までの経験はかけがえのないものですし、

必ず今後、社会・世界に出る上で必要なものになってきます。

東進生がよく聞く 「志」 というやつですね。

それを考えないで勉強するのは、非常にもったいないと思うので

是非この機会だからこそ 「志」 を考えて欲しいなと思います。

以上の3点は全部違うように見えますが、繋がっています。

それぞれが最終的には繋がって皆さんの力になるはずです。

ただ、理解しているだけでは意味がなくなってしまうので

理解したらすぐ行動できるように活かしてくれればいいかなと思います。

勉強と志は必ずこの先の皆さんの成長に繋がると思うので、

最後まで頑張ってほしいなと思います!

 

日頃の先取学習で

周りの友達より

一歩リード!

学年トップを目指そう!

 

春休みで変わる!

始めるなら今!!

お申し込みはこちら

 

2022年 5月 25日 こんにちは!担任助手の山本留維です!

私の志はマーケターとして日本の市場、社会を牽引する存在となることである。その結果として日本が再び世界で渡り合える存在になる手助けになることを望んでいる。マーケーターを目指すことになった経緯を話すと、元々は三菱商事や伊藤忠商事や三井物産などの総合商社で働くことを望んでいた。なぜかというと、当時高校生だった私は日本だけではなく世界中で働くということにとても魅力を感じていた。進学大学を決定するタイミングで、様々な職種を探った結果たどり着いたのが商社だった。どのような仕事をするかというと、国外との輸出入貿易を行い、それだけでなく国内での商品・サービスの展開まで担うというかなりスケールの大きい内容だ。しかし商社という職種を目指しているころ1つ勘違いしていることがあった。それは日本が世界の様々な競争の中で、高い地位を保持していると勘違いしていたことである。ただ実際大学に入り様々な授業、本に接していく中で日本の状況が全く良いものでないことが分かってきた。1つ今の日本の状況を示す例として挙げられるのが世界時価総額ランキング。時価総額とは企業価値や規模を評価する際の重要な指標なので、言ってみればどの企業が世界で一番力を持っているか示すランキングである。このランキング50位以内に入っている日本の企業はトヨダ自動車のみ。この状況を目の当たりにした時感じたのは、数十年後の日本を考えたときの危機感である。今後数十年で現在人間が担っている仕事はほとんどAIにとって代わられると言われている中、アメリカや中国では圧倒的な個の力を活かして時代の先を進んでいる。それらを踏まえると、商社での仕事はもちろん国外との駆け引きを行う点で重要であるが、もっと日本の根本的なところから変えたいという考えに至った。そしてそれが叶えられると考えたのがマーケターである。マーケターとは端的に言うと、商品をどのように消費者のもとに届くようにするか考える仕事である。消費者の手元に商品を届けるという目的を達成するために様々な分野にわたって戦略を練り、指示を出すので必然的に会社内でのポジションは高くなる。そのためマーケター一人の力で会社そのものを動かすことが可能になる。また私がこの仕事を選ぶ理由としてもう一つ重要なのが、消費者の幸福を常に最優先に考えているということである。自分の仕事が多くの人の幸福につながるということに大きな魅力を感じた。ただ日本でのマーケターの現状として、正しく理解している会社はかなり少なく、よって本来の力を全く発揮できていない。これからAI化、様々な情報のデータ化、情報の精密化が進んでいく中で、それらの情報を正しく判断し、適切なタイミングで使用できるマーケターは必ず必要だと考える。そのようなマーケターが増えていくと、日本のお家芸であるチーム戦も本来の力を発揮し、多くの企業がさらに発展していくことで日本の国力は必ず増大していくだろう。

ただマーケーターという仕事に僕が辿り着いたのも結局は大学に入ってからです。高校生の皆さんにも出来るだけ早く志を定めて受験勉強に励んでくれることを願っています!

 

日頃の先取学習で

周りの友達より

一歩リード!

学年トップを目指そう!

 

春休みで変わる!

始めるなら今!!

お申し込みはこちら

 

過去の記事