ブログ | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ 

2018年 6月 26日 過去問演習について

みなさんこんにちは!

今回は受験生向けに過去問演習の必要性について話したいと思います。

過去問と聞くとなんとなくハードルが高そうって感じてしまいませんか?

確かに今の時期から過去問、特に二次の過去問を解くのは厳しいかもしれません。

ですが、実際に過去問を解くことで今の自分と自分が受ける大学とのギャップがわかりますよね?

それって今後の学習計画を考えるめちゃくちゃ大事だと思いません?

9か月後に自分が必要とされている力と今の自分の力が分かればその差を埋める勉強ができます!

センター過去問についても少し触れます。センターレベルならもうある程度解けるって人は多いと思います。

そういう人はどんどん過去問解いてください!センターは類題が多く出題されます。また、基礎的な事を万遍なく聞いてくるので、

基礎基本の確認と同時に抜けている知識のチェックもできます!僕も社会はセンター演習で点数爆上げ

二次は不安って人もセンターにはぜひチャレンジしましょう!

 

 

 

 

 

2018年 6月 25日 音読の大切さわかってますか!?

こんにちは!!

担任助手1年の幸地です!!


 今日は暑いですよね~


でも、建物の中に入ると冷房がガンガン入ってて肌寒い・・・みたいなことありますよね?
夏風邪は長引くので、特に受験生の人たちは、体調管理も受験科目の一つだと思って気を遣いましょう!



 話は変わりますが!

今日のテーマは、音読です!


音読をすると”英語の長文が早く読めるようになる!”とか”リスニングができるようになる!”とか聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
加えて音読は暗記にも高い効果があります!


でも…
具体的にどうやるの?
何に気をつけて音読すればいいの?
という人に向けて、今日は音読の方法を具体的に紹介していきます!



そもそも、音読はなぜ効果が高いのかというと…


音読をするということが、英文を戻らずに読む訓練になるからです。
戻らずに読めるようになれば、長文が早く早く読めるようになります!


しかも…暗記についてもいうと

目で見る・口に出す・耳で聞くという複数のプロセスを踏んでいるので、思い出すときのきっかけが多いといえます!
なので暗記においても、音読をすることで思い出しやすくなります!


だから、音読は効果絶大なんです!



じゃあ音読ってなにすればいいの?ということで具体的なやり方を紹介していきます!
英語の音読で大切なのは!


音読の前に英文を読みこんで正しく理解する(授業を)
英文を正しく発音する
意味を頭に思い浮かべながら音読する
 の3つです!


①については、わからない単語は調べる、構文をしっかり理解する、などその長文を完璧にわかった状態で音読をすることが大切ということです。
英語を戻らずに読めるようになるためには、塊で英文をとらえられるようになることが必要になります。
その前準備として、長文を精読しましょう!


②については、正しく発音することで正しい発音・アクセントを覚えられます。
そうすることで、英文をより聞き取れるようになりリスニングの力がアップします!


最後に③について、音読をただの口の運動にならないように…ということです笑
①で理解したものを復習するような気持ちで音読しましょう!

音読で!英語の点を爆上げしましょう!!

 

 

2018年 6月 24日 地方創生 in 福井!!!

低学年の皆さん、朗報です!!

今年も「地方創生 in 福井」が開催されます!

地方創生とは、

今、若者の都心への一極集中などの問題に悩まされている福井県を

活性化するために、何をすべきかを、

全国の東進生達とディスカッションなどを通じて考えるイベントです!

夏休みに低学年限定で実施されます。

僕は、観光学部で学んでいるので、

試しに観光の側面から

地方創生のために必要な要素を考えてみましょう!

まずは、福井の現状をデータ等で知る必要がありますね。

そのためには、経済の知識が必要です。

現状を知ることが出来たら、施策を考えていきます。

例えば、福井の自然や特産品を活かしたいならば、

地理文化の知識が必要ですね。

また、ショッピングモールのようなものを作って活性化したいのであれば、

建築都市工学のような理系の知識も必要になるでしょう。

他にも心理学法学マーケティングなど

様々な分野の知識が必要になってきます。

要するに、地方創生について考えるためには

幅広い視野で考えていく必要があります!

また、観光客側などへ自分の視点を変換していくことも必要です!

ディスカッションはそれらを遂行するのにうってつけです!

地方活性化の問題は

皆さんが大人になった時でも、

考えていかなければならない、重要な問題です。

それをテーマに皆さんの視野の大改革をこの夏休み起こしてみませんか?!

ぜひ、参加してみましょう!

2018年 6月 23日 初心を覚えてますか??

こんにちは!!!

担任助手の幸地です!!

 

昨日22日は夏至でしたね!!昨日からだんだんと日が短くなっていくみたいです!

それに合わせて焦る気持ちがふえてきたり、勉強へのモチベーションが下がってくる時期です!

 

みなさんはどうでしょう??

 

こんな時に考えて欲しいのは!

「なぜ受験勉強をしているのか。」「なぜその大学、学科を目指しているのか。」です!

それはなぜかというと、初心を取り戻してほしいからです!

 

ここでは自分がなぜ建築学科を志望し、受験したのかをお話します!

 

なぜ建築学科を目指すことになったのかというと

初めは結構単純で、理系の学問+人とたくさん関われる仕事=建築 でした!

 

しかし確信に変わったのは、高校2年の3月です。

理由は2つあります。

・東日本大震災の被災者の住まいに関する復興があまり進んでいないこと。

・劇的ビフォーアフターで泣きながらお礼を言う依頼人を何人も見て、建築は人生にとってとても大きなことなんだと素直に感じたこと。 でした。

 

 

建物というのは何かに必要とされない限り建つことはありません。

逆にいえば、建つということは必ず誰かに必要とされているということです。

 

その必要とする想いは人それぞれで、住まいであれば「新しい生活のスタート」であったり、会社であったら「新しい事業のスタート」であったりします。

どれも大切な時ばかりです。

 

そんな人生の転機に関われる仕事って素晴らしくないですか??

 

だから自分は建築学科を目指しました。

そして今は建築学科に入学し、

相手の意見を尊重し、人生の転機において信頼される建築士を目指しています。

 

 

相手の意見を尊重するためには相手の本心まで迫らないといけません。

その力をつけるために、今担任助手として生徒の本音を聞きけるようにたくさんの手段を模索しています。

その手段は、本を読んだり、先輩方から体験談を聞いたりして得ています!

 

まだまだ話足りないのですが、長くなってしまうのでやめておきます!

 

言いたかったことは初心を忘れないことです!

 

今日からより一層頑張りましょう!!応援してます!!

 

 

2018年 6月 22日 先を見据えて復習しよう!

こんにちは!担任助手の伊東です!

そろそろ期末テストですね・・・東進だけでなく学校の勉強も頑張りましょう!

さて、先週の日曜日に全国統一高校生テストがありました。

みなさん、復習はもう済みましたか?

できればその日のうちに遅くてもその週のうちに受けた科目の復習をしないと

受けた意味がなくなってしまいます!!

次の模試は夏休み終盤に実施されるセンター試験本番レベル模試です!

最大の成果を次で出すためにも、

今から努力を積み重ねていきましょう!