ブログ | 東進ハイスクール池袋校|東京都

ブログ 

2017年 10月 16日 今井先生の公開授業

こんにちは、2年担任助手の大川です

12月中旬並の寒さだそうですが、みなさん体調管理は出来ていますか?

そろそろ予防接種も受け始めましょう

 

 

難関大を志望する高2の方にお知らせです!

 

 

今井先生の公開授業

池袋校にて行われます

 

 

僕自身、生徒のときに今井先生の講座を取っていたのですが

わかりやすく、面白い授業というものを

初めて経験して衝撃を受けたのを今でも覚えています

 

 

楽しく学べたので

英語の勉強は息抜き感覚でした

 

この90分がみなさんの学びの姿勢を変えてくれることでしょう!

 

 

【詳細】

11/14(火) 19:00~21:00

ステーションコンファレンス池袋

(東進ハイスクール池袋校と同じメトロポリタンプラザ12階)

 

2017年 10月 15日 リーダー

こんにちは!東進ハイスクール池袋校担任助手の久米です。今日はぐっと冷えましたね。そろそろ朝起きて布団を出たくなくなる季節だなと痛感しました・・。ちなみに私は今日も出たくなかったです。

 

突然ですが、今日はリーダーについて、少しお話したいと思います。

我々は東進生目標(写真の額縁の中のあれ)である「独立自尊の社会世界に貢献する人財を育成する」を掲げ、日々指導に当たっています。

たとえ東京大学に受かっても本人に向上心がない、やる気がない、という状態では将来社会世界に貢献する人財とはなり得ません。そこで、私たちが重要視しているもののひとつが「リーダーシップ」なのです。

 

皆さんはリーダーシップって何だと思いますか

大辞泉という辞書には

 

指導者としての地位・任務。指導権。

指導者としての素質・能力。統率力。「リーダーシップに欠ける」

 

というように書かれています。今回私が話したいのは2についてなのですが、そもそも「指導者としての素質、能力」ってなんやねん。って思いません?

さらに言えば「リーダーシップを持とう!身に着けよう!」といった趣旨の本は世の中に数えきれないほど出版されています。しかし、その本の内容を理解、実践したところでリーダーシップは身につくのでしょうか?そもそもリーダー、つまり指導者とはどういう人なのか?そのあたりがあいまいではリーダーシップもふわふわとした概念にすぎなくなってしまいます。

 

なので、我々はいったん原点に戻り考えてみました。「リーダーって何者なのか」ということを。

リーダーを構成する要素は3つ。

1.独立していること

2.周りを動かすこと

3.専門知識を有していること

 

まず1つめの独立していることですが、この独立は精神的な独立という意味で、ざっくりというと「目標に向かって自ら考え、全力で努力する」人であるということです。

そして2つ目の周りを動かす人であることについてはさらに3つに細分化されます。まず能力面、そしてマインド面、最後に動かすメンバーについての知識です。

能力面から話すと、周りを動かすことに必要とされる能力は①発信力そして②共感力逆算思考です。発信力は「内容×伝え方」が重要とされていて・・・と話せばきりがありません。

マインド面で求められるのは「利他精神」。人のためになりたい、何かがしたいという気持ちで「究極の利己」と呼ばれたりもします。

そしてメンバーの知識。まあ知らない人は動かせないですよねという話です。誰しも一度は名前を聞いたことがあるかの有名なセオドア・ルーズヴェルトはホワイトハウスの下働きの方の名前までしっかりと憶えていて、退任後にホワイトハウスに行った際も親しげに名前を呼んで話していた。誰からも好かれる大統領であった、という記述が残されています。名前を呼べば親近感がわく、というのは科学的に証明されている事実ですし、うれしいですよね。それが自分の上司ならなおさらのことです。自分の名前を呼んで、頼んだぞ、と言われるだけでやる気マシマシになったりしますし、人とのつながりという意味でメンバーの知識は重要になってきます。

 

最後に3つ目の専門知識ですが、これはその名の通り。自分が動かす分野に対して無知であるというのはあまりにおかしな話です。それに無知な上司が荒唐無稽な計画をたてた!となったりしては部下も不安です。知らない知識をすぐ部下に聞くとします。部下の中で「上司より自分のほうが知識があるのになぜこの人が上司なんだ」と思う人も出てくるでしょう。

と、なったときに最低限の専門知識は持っておく必要があります。

 

長々と話しましたがつまり、「目標へ向かって全力で努力できて、周りを動かすことに長けていて、専門知識を有している」人がリーダーの器たる、ということです。

いつかこんな人になりたいですね!

今日は長くなってしまったのでこのあたりで終わりにしますが、また次の機会があればリーダーになるために必要な「リーダーシップ」について詳しくお話ししたいと思います。

 

_________________________________________

冬期特別招待講習の申し込み受付が始まりました。少しでも気になっている方は奮ってお申込みください!

 

2017年 10月 14日 全国統一高校生テストまであと2週間!

皆さんこんにちは!担任助手の関口です!

今日は10月29日の全国統一高校生テストについてお話しします。

今日からからセンター試験本番まで

今高校3年生の方はあと90日

高校2年生の方はあと455日

高校1年生の方はあと820日

となります。

各学年の皆さん大学入試を迎える準備は整っていますか?

受験の日程はもう決まっています。自分たちの残された時間を認識し、どれだけ準備をすることが出来るのか

ということが志望校合格においての要諦になるのではないでしょうか。

1日1日過ごすたびに上記の期間は減っていきます。自分の出来る最大限の準備をしていきましょう。

29日の全国統一高校生テストではセンター試験本番と同じレベルの問題を体感することができます。

また成績表も1週間で返却されるので自分の実力を早期に分析することができます。

残された時間を最大限に活用するために、自分の現状を早期にかつ客観的に分析しましょう!!

 

2017年 10月 13日 冬期合宿いこうぜ!

みなさん、こんにちは!東進ハイスクール池袋校担任助手の丸山です!

突然ですが、みなさんは今年の冬休みをどのように過ごす予定ですか?

旅行いいですね!スキーいいですね!楽しいことたくさん考えているかもしれません!

ですが、自分は合宿について話します!

一回聞くだけだと、楽しくないような響きをしていますが・・・

俺は断言します!そんなことはない!

ちなみに、自分は高校二年生の冬期合宿に参加しました!

当時の自分にとって勉強の合宿ってとっても恐怖でした。ですが、参加してみたらあっという間の体験でした!

しかも、自分の限界はどこまでなのか?を合宿で知れたことで、大きく成長しました!

ところで自分の出身の巣鴨高校では、高2年生の3学期は高校3年生の0学期とよく言われたものです。この冬休みすごく大事な期間なんですね!

そんな冬休みをどのように使うか?は自分次第です!

自分を変えられるのは自分だけですし、自分を変えようと思えるのも自分だけです!

名言です!笑

合宿は自分を変えるとても良い環境なので、是非参加してください!実りのある冬休みを!祈っています!

2017年 10月 12日 10月29日

こんにちは!池袋校担任助手の久米です。なぜだか私がブログ更新をするときは気温の変化が激しい日が多い気がしています。皆さん元気にお過ごしでしょうか。

本日のブログの題名は“10月29日”。この日が何の日か知っていますか?

 

そう、全国統一高校生テストがあります!!!

全国統一高校生テストとは・・・

・全国の高校生が

・センター本番レベルの模試を

・無料で!

受けられる模試のことです。そして、この模試で優秀な成績を収めた方々はなんと、

 

決勝大会にご招待!

さらに決勝大会での成績優秀者に対しては、表彰状、副賞を授与するとともに東進ドットコム上で公表し、その栄誉を称えさせていただきます。

 

この模試は本当にお得で魅力的です。無料であるということで毎年数多くの高校生が受験し、東進模試最大級の規模を誇ります。つまり、それだけ本番のセンター試験に近い条件下におかれることが出来るということです。たとえどんな模試でも受験者数が多くなければ本番に近い緊張感や空気は得られません。

さらに、まだ受験勉強を本格的に指導していない方は、一年後ないしは二年後にこの試験をすらすら解けていなければならない、これくらいの点数を取れていなければならない、ということを肌で感じていただける機会になります。

応募はこちらから

https://www.toshin.com/toitsutest/

 

 

過去の記事